「さめがめ」の版間の差分

ルール
(外部リンク)
(ルール)
名前の由来は英語の「same game」より。
 
[[1985年]]に森辺訓章(もりすけ)が「月刊ASCII」に投稿した「ChainShot!」が元となっている。
ソースが公開されているため、タイムアタック制やステージ制を盛り込んだものなどさまざまなバージョンが存在する。
160*64ドット(駒ひとつは32*32ドット)のビットマップデーターを駒として使用することができるため、駒データーのみを公開している作者も多数存在する。
 
==ルール==
画面は升目状に区切られており、いくつかの種類の駒が配置されている。プレイヤーは、画面上の駒を一つづつ選んで消していき、得点を競う。駒の消え方には、以下のようなルールがある。
 
*消せる駒がなくなった時点でゲーム終了となる。
 
<pre>
 
┌───┐   ┌───┐
160*64ドット(駒ひとつは32*32ドット)のビットマップデーターを駒として使用することができるため、駒データーのみを公開している作者も多数存在する。
│○▲□│   │○  │
│○▲▲│ → │○□ │
│□▲□│   │□□ │
└───┘   └───┘
▲を選択
</pre>
 
==歴史==
 
その後、地道な移植作業を経て[[1992年]]に福本栄治(響人)が[[UNIX]]版(HIUXM版)「SAME GAME」をフリーウェアとして公開。
同年12月、W吉岡わたる(W.YossyYossy)が[[PC9801]]版を公開したことを契機に、 [[草の根BBS]]を中心に日本各地に広がっていった。
 
[[1993年]]には[[Windows]]版が、[[1994年]]には[[Macintosh]]版及び[[FM-Towns]]版が公開され、[[1996年]]には「鮫亀」の名称で家庭用機にも移植された。
268

回編集