「アグリッパ・メネニウス・ラナトゥス (紀元前503年の執政官)」の版間の差分

タイプミスを修正
(en:Agrippa Menenius Lanatus (consul 503 BC) (23:16, 3 July 2017‎ UTC)を翻訳)
 
(タイプミスを修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
'''アグリッパ・メネニウス・ラナトゥス'''(Agrippa Menenius Lanatus、[[紀元前493年]]没)または'''メネニウス・アグリッパ'''は[[共和政ローマ]]の[[紀元前503年]]の[[執政官]](コンスル)である。同僚執政官は[[プブリウス・ポストゥミウス・トゥベルトゥス]]であった。執政官在任中に[[サビニ族]]との[[ローマ・サビニ戦争#紀元前503年の戦争|戦闘に勝利]]しており、紀元前503年4月14日に[[凱旋式]]を実施したことが、[[凱旋式のファスティ|凱旋式記録碑]]に記されている。前日にはトゥベルトゥスも[[小凱旋式]]を実施している。歴史家[[ティトゥス・リウィウス]]([[紀元前59年]]頃 - [[17年]])によれば、両執政官ともに[[ラティウム戦争]]の[[ポメティアの戦い]]([[:en:Battle of Pometia|en]])にも勝利したとする<ref>[[ティトゥス・リウィウス]], 『[[ローマ建国史]]』[[s:From the Founding of the City/Book 2#16|II. 16]], [[s:From the Founding of the City/Book 2#32|32]], [[s:From the Founding of the City/Book 2#33|33]].</ref><ref>[[ウィリアム・スミス (辞書編集者)|ウィリアム・スミス]]、『[[:en:Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology|Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology]]』</ref><ref>[[凱旋式のファスティ]]</ref>。
 
リウィウスの著作は500年も後に書かれたものではあるが、メネニウスは[[紀元前494年]の]第一次[[プレブス]]の(平民)の分離運動([[モンテ・サクロ]]に立て篭もり、平民だけで国を作ると宣言した)の際に、[[パトリキ]](貴族)の代表に選ばれて、プレブスたちのもとに足を運び、有名な弁解を交えた説得を行なった。即ち、社会を人体に喩え、それぞれの部分が全体の利益のために担うべき役割がある。体の他の部分は、胃が「ただ乗り」していると考え、体は胃に栄養を止めることにしたが、すぐに体の他の部分は飢餓状態となり機能しなくなってしまった。そこで初めて胃が重要な働きをしており、それ無しでは何も出来ないと気付いた。この寓話では、パトリキが胃であり、プレブスは体の他の部分に例えられている。その後、パトリキとプレブスは若いし、[[護民官]]の制度が作られた<ref name=Livy-2.33>リウィウス、[[s:From the Founding of the City/Book 2#33|2.33]]</ref>。