「女形」の版間の差分

男優が演じても女優が演じても女性の役なら「旦」です。
(→‎概要: 消去)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(男優が演じても女優が演じても女性の役なら「旦」です。)
通説によれば、[[1629年]](寛永6年)に江戸幕府が歌舞伎などに女性を使うことを禁じたために、その代わりとして歌舞伎の世界に登場したとされ、江戸では糸縷権三郎、大坂では村山左近がその祖であったと伝えられている。江戸時代の女方は芸道修業のため、常に女装の姿で女性のような日常生活を送るものとされていた<ref>戸部銀作「女方」『国史大辞典』第2巻、吉川弘文館、1980年、P984</ref>。
 
なお、[[中華人民共和国|中国]]の[[京劇]]においても女形(」と言う)が存在したするが、現在ではその役を主に[[俳優|女優]]が行っている。
 
[[スーツアクター]]においては、着ぐるみを着用しての演技を行なうという性質上顔が見えず、体型もある程度ごまかしが利くという点では異性の役を演じやすくなっている。このため男性でありながら女役を得意とする者も存在し、女形スーツアクターと呼ばれる。当然ながら顔が見えない分、動作によって女性らしさを充分に表現できなければならず、しかも重さ、関節、視界等の制約が厳しい着ぐるみの中で行なわなければいけないため技量や体力といった面では非常に厳しいものとなる。<!--理論上は逆も可能なはずだが、そもそも前述の制約も影響もあってスーツアクトレスとなる女性が少なく、女役であってもその多くを男性が演じているため、その逆ともいうべき男役を主に演じているのスーツアクトレスは存在しない模様。-->