「南部信直」の版間の差分

タグ: 2017年版ソースエディター
 
=== 豊臣政権下 ===
天正14年([[1586年]])(天正16年([[1588年]])説もある)、[[斯波氏#高水寺斯波氏|高水寺斯波氏]]の当主・[[斯波詮直]]を滅ぼして勢力を拡大した。豊臣政権の[[前田利家]]との交渉は天正14年([[1586年]])8月頃から確認され<ref>[[瀬戸薫]]「前田利家と南部信直」(『市史かなざわ』5号、1999年)</ref>、前田利家が信直の取次をすることになる<ref>[[千葉一大]]「豊臣政権と北奥大名南部家」(山本博文・堀新・曽根勇二編『偽りの秀吉像を打ち壊す』柏書房、2013年)92頁</ref>
豊臣政権の[[前田利家]]との交渉は天正14年([[1586年]])8月頃から確認され<ref>[[瀬戸薫]]「前田利家と南部信直」(『市史かなざわ』5号、1999年)</ref>、前田利家が信直の取次をすることになる<ref>[[千葉一大]]「豊臣政権と北奥大名南部家」(山本博文・堀新・曽根勇二編『偽りの秀吉像を打ち壊す』柏書房、2013年)92頁</ref>。
 
天正18年([[1590年]])1月津軽へ兵を進める。大浦為信は密に上洛するため既に津軽を離れていたと思われるが、大浦側の抵抗が固くまた真冬でもあり南部軍は苦戦を強いられ、目的を果たせぬまま小田原参陣のため撤退した。八戸政栄に三戸城代を委ね、政栄の子・[[八戸直栄]]を随伴し兵1,000を率いて、同年4月[[豊臣秀吉]]の[[小田原征伐]]に参陣、そのまま従軍し[[奥州仕置]]の軍を進める秀吉から[[宇都宮市|宇都宮]]において、7月27日付で南部の所領の内7ヶ郡([[糠部郡]]、[[閉伊郡]]、[[鹿角郡]]、[[久慈郡]]、[[岩手郡]]、[[紫波郡]]、そして[[遠野]][[保]]か?)についての覚書の朱印状を得る<ref>[http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-kyodokan/files/2010-0604-1454.pdf 天正20年(1500)7月27日付豊臣秀吉朱印状南部信直宛(盛岡市中央公民館蔵)] なお糠部郡は寛永11年([[1634年]])に北、三戸、二戸、九戸の4ヶ郡に分割された</ref>。
しかし大浦(津軽)為信に津軽地方を押領されたことの訴えは、南部氏の小田原参陣よりも早い3月に[[津軽為信]]が秀吉に小田原途上の沼津にて謁見し、既に津軽氏へ所領安堵されており却下された。同年7月、秀吉の奥州遠征の際には[[浅野長政]]と共に先鋒を務めた<ref name="戦国人名事典590"/>。
 
奥羽仕置後に[[葛西大崎一揆]]や[[和賀・稗貫一揆]]<ref>和賀・稗貫一揆によって滅亡した[[稗貫広忠|稗貫広忠(家法・重綱)]]の娘もしくは元正室・於三は出家し月庵尼と称したが、[[稗貫氏|稗貫家]]を再興すべく三戸城を訪れ、思惑通り信直に見初められて還俗、稗貫御前と呼ばれる側室になったが稗貫家再興の夢は成就しなかった。</ref>、天正19年([[1591年]])に[[九戸政実の乱]]が起きると、[[豊臣秀次]]を総大将とした秀吉の援軍を得てこれを鎮圧し<ref name="戦国人名事典590"/>、政実ら謀反人を処刑した。九戸氏討伐直後に信直は、討伐軍に加わっていた津軽為信を悪逆であると小田原参陣時に続いて言い募り、秀吉の奉行である浅野長政に実父・石川高信の敵討の許しを願い出る。長政がこれを拒否すると、今度は[[蒲生氏郷]]を介して長政に敵討を願い出てきたので、長政は再び拒否するとともに不測の事態を避けるため、津軽為信に即刻領地へ帰るよう促したとされる。
18,615

回編集