「関数型言語」の版間の差分

非純粋関数型言語では、参照透過性を壊す、副作用があるような式や関数も存在する。{{lang|en|LISP}}などでデータ構造の破壊的変更などの副作用を多用したプログラミングを行うと、それはもはや手続き型プログラミングである。多くの場合、非純粋関数型言語の[[評価戦略]]は正格評価(先行評価)であるが、遅延評価する部分を明示することで、無限リストなどを扱えるものもある。
 
{{lang|en|[[JavaScript]]}}や{{lang|en|[[Java]]}}など近年の[[高水準言語]]には、関数型言語の機能や特徴を取り入れているものがあるが、変数の値やオブジェクトの状態を書き換えるプログラミングスタイルを通常とするため、関数型言語とは分類されない。一方{{lang|en|[[LISP]]}}は、その多くが副作用のある式や関数が多数あり、手続き型スタイルでのプログラミングがされること多いが、理論的なモデル(「[[純LISP|純{{lang|en|LISP}}]]」)の存在や副作用を使わないプログラミングが基本であること、ないし主には歴史的理由などから、関数型プログラミング言語に含むだとされることが多いなお、{{lang|fr|Pascal}}では「手続き」と呼ばれるような値を返さないルーチン、{{lang|en|C}}言語では<!--<code lang="C">void</code>型の値を返す関数と捉える--><!--void型の値というものは存在せず、存在ないものについて、それを返す関数と「捉える」ことは常人には困難-->「関数」と呼んでいるが、これは単にルーチンについて、細分類して別の呼称を付けている、細分類せず総称ているかという分類と呼称の違いに過ぎず「{{lang|fr|Pascal}}は手続き型言語で、C言語は関数型言語というのは明らかに誤りである<ref>[[共立出版]]『{{lang|en|ANSI C/C++}}辞典』ISBN 4-320-02797-3 など</ref>という一部の書籍に見られる記述は明確に誤りであるなおまた、{{lang|en|OCaml}}や{{lang|en|Haskell}}などでは、「自明な値(例えば<code>()</code>)を返す」と、値を返さない(<code lang="Haskell">Void</code>など)は違うものであ明確に区別され、後者は停止しないか例外を出す(そのため結果がない)ようなプログラムを表す。
 
なお、「関数型言語である」と「関数型プログラミングをする」は同値ではなく、関数型には分類されない言語で関数型プログラミングをすることや、関数型プログラミングを基本とする言語の上で他のパラダイムを実現する例もある<ref name="Novatchev">{{cite web | url = http://arxiv.org/abs/cs/0509027 | author = Oleg Kiselyov, Ralf Lämmel | title = Haskell's overlooked object system | accessdate = Sep 10, 2005}}</ref>。