「テート・ブリテン」の版間の差分

m
内部リンク
m (cat.)
m (内部リンク)
'''テート・ブリテン'''(Tate Britain)は[[イギリス]]・[[ロンドン]]の[[テムズ川]]畔、ミルバンク地区にある国立[[美術館]]。[[テート・モダン]]などの美術館とともに、国立美術館ネットワーク「'''[[テート・ギャラリー]]'''」の一部をなしている。建物は[[1897年]]に建設されたもので、20世紀末までは「テート・ギャラリー」という名のイギリス美術および世界の近代・現代美術の美術館だった。近現代美術専用の分館テート・モダンが[[2000年]]に開館した後、イギリス美術専門の美術館に組織換えされ、大改修の上[[2001年]]に「テート・ブリテン」と名称を変え再開館した。
 
テート・ブリテンは、[[1500年代]]の[[テューダー朝]]美術以降、現代に至るまでの、絵画を中心としたイギリス美術を時代順に展示している。[[ウィリアム・ブレイク]]、[[ジョン・コンスタブル]]、[[トマス・ゲインズバラ]]、[[ウィリアム・ホガース]]、[[ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ]]ほか[[ラファエル前派]]の作品が揃っている。テートの所蔵品の中で特に有名な作品は、[[ジョン・エヴァレット・ミレー]]による『オフィーリア』や[[ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス]]による『シャーロットの女』である。また、[[ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー|ターナー]]の寄贈した初期から晩年までの充実した作品群は、専用のウイングであるクロア・ギャラリーに常設展示されている。20世紀半ば以降の[[デイヴィッド・ホックニー]]、[[ピーター・ブレイク]]、[[フランシス・ベーコン (芸術家)|フランシス・ベーコン]]などや、現代の[[トレイシー・エミン]]にいたるまで、幅広い年代のイギリス人美術家の作品もが常設展示されている。
 
テート・ブリテンは他のイギリスの美術館やテートの美術館同様、普段美術館に来ない人々も来てもらえるような活動に取り組んでいる。[http://www.tate.org.uk/britain/eventseducation/lateattatebritain/ 『Late at Tate』]は毎月第一金曜日に開催している夜10時までの夜間開館で、特別展の入場料は半額の上、[[ライブ]]や[[パフォーマンス・アート]]を行っている。
848

回編集