「OPERA」の版間の差分

リンク切れ修正、5例目について
m (外部リンク修正)
(リンク切れ修正、5例目について)
{{otheruses||インターネットスイート|Opera|その他|オペラ (曖昧さ回避)}}
'''OPERA'''(Oscillation Project with Emulsion-tRacking Apparatus、写真乳剤飛跡検出装置によるニュートリノ振動検証プロジェクト)は、[[欧州原子核研究機構|CERN]]から[[グラン・サッソ]]への732km長基線ニュートリノ・ビームラインを使用し、ミューニュートリノから変化したタウニュートリノの出現でニュートリノ振動を検証するための実験である。これまでに3例タウニュートリノ反応の検出を報告している(1例目<ref name=kyodo20100531>{{cite news
 
== タウニュートリノ反応の検出 ==
5例のタウニュートリノ反応の検出を報告している(1例目<ref name=kyodo20100531>{{cite news
|url=http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010053101000921.html
|title=ニュートリノ振動を初確認 日本も参加の国際実験
|date=2010-05-31
|accessdate=2010-06-01
|archiveurl=http://web.archive.org/web/20100603171921/http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010053101000921.html
}}</ref><ref name=yomiuri20100601>{{cite news
|datearchivedate=2010-06-0103
|url=http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100601-OYT1T00134.htm
|title=ニュートリノ振動、初の直接観測…質量裏付け
|work=YOMIURI ONLINE
|publisher=[[読売新聞]]
|date=2010-06-01
|accessdate=2010-06-01
}}</ref>、2例目<ref name=flab20120607>{{cite web
|url=http://flab.phys.nagoya-u.ac.jp/2011/wp-content/uploads/2012/06/PressReleaseJP_Tau_20120607_web.pdf
|title=OPERA実験 第2例目のタウニュートリノ反応検出
|date=2012-06-07
|accessdate=2013-07-19|format=PDF
}}</ref>、3例目<ref name=opera20130326>{{cite web
|url=http://operaweb.lngs.infn.it/spip.php?article58&lang=en
|date=2013-03-26
|accessdate=2013-07-19
|archiveurl=http://web.archive.org/web/20130330095622/http://operaweb.lngs.infn.it/spip.php?article58
}}</ref>)。
|archivedate=2013-03-30
}}</ref>、5例目<ref name=yomiuri20100601flab20150615>{{cite newsweb
|url=http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20150615_esi2.pdf
|title=名古屋大学主導のニュートリノ振動実験OPERA、5例目のタウニュートリノ反応を検出。ニュートリノ振動現象存在の最終検証に成功
|date=2015-06-15
|accessdate=20102017-0610-0106|format=PDF
}}</ref>)。5例の事象をニュートリノ振動以外の既知の理由(背景事象)によって説明できる確率は、1,000万分の1と極めて低く、目標としていたニュートリノ振動の立証に成功したといえると発表した。
 
== 飛行時間 ==
2011年9月22日にはニュートリノが光速で予測されるより60.7ナノ秒 ([[:en:Errors and residuals in statistics|統計誤差]]: ± 6.9ナノ秒、[[:en:Systematic error|系統誤差]]: ± 7.4ナノ秒) 早く到達しているという結果を報告したが(あらゆる誤差を排除した上での事実であれば[[特殊相対性理論]]の拡張が必要であった)、後に光ケーブルの接続不良等の問題が判明し撤回した<ref name=sankei20120608>{{cite news
|url=https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG08013_Y2A600C1000000/
|url=http://sankei.jp.msn.com/science/news/120608/scn12060810170000-n1.htm
|title=ニュートリノ「超光速」撤回、装置に不備 名古屋大などが正式に発表 再実験で判明
|work=MSN産日本ニュース済新聞 電子版
|publisher=[[日本新聞]]
|date=2012-06-08
|accessdate=20132017-0710-1906
}}</ref>。