「グラタン」の版間の差分

m
{{Otheruses|料理のグラタン|野球選手のグラタン|トッド・グラタン}}
[[ファイル:Macaronigratin.jpg|thumb|200px|グラタンの調理例(写真はホワイトソースを使ったマカロニグラタン)]]
'''グラタン'''({{lang-fr-short|gratin}})は、[[フランス]]の[[ドーフィネ]]地方が発祥の地<ref>[http://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/0412/02.html 「料理食材大辞典」主婦の友社発行をもととした農林水産省の消費者相談「ドリア、ハヤシライス、グラタンの語源を知りたい」回答] 2010年12月30日閲覧。</ref> といわれる[[郷土料理]]から発達した[[料理]]である。「[[オーブン]]などで料理の表面を多少焦がすように調理する」という調理法、およびその調理法を用いて作られた料理の両方を意味する。この調理法を用いたものはすべてグラタンであり、[[デザート]]用に作られるものなどもある。
[[日本]]では、[[ベシャメルソース]]を用いオーブンで焼いた料理をして「グラタン」と呼んているが、[[フランス語]]では、本来鍋に張り付いた'''おこげ'''という意味でもあり、転じて素材が何であれ焼いて焦げ目をつけた料理を意味する言葉である。
 
{{節stub}}
 
日本の洋食店でも良く目にするマカロニグラタンは、先の『料理の手引き』にも掲載されており(原書における表記は"Macaroni au Gratin")、調理手順は、マカロニと刻んだマッシュルームと[[ベシャメルソース]]を混ぜ、バターを塗ったグラタン皿にのせて、おろしチーズとパン粉をふってオーブンで焼くというもので、日本における調理法とほとんど変わらない<ref>『エスコフィエフランス料理』Georges Auguste Escoffier著/角田明訳、柴田書店、p1119</ref>。パスタの代わりとして[[シュー皮]]を使用する例を「[[パリ]]風グラタン」と呼ぶ<ref>大森由紀子『フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来』117p 世界文化社</ref>。[[アメリカ合衆国]]においては、第3代[[大統領]][[トーマス・ジェファーソン|トマス・ジェファーソン]]が好物のマカロニと[[パルメザンチーズ]]を組み合わせて作らせた、「[[マカロニ・アンド・チーズ]]」<ref>21世紀研究会編『食の世界地図』文藝春秋・72P</ref> を原型とする家庭料理が普及している。
 
== 日本におけるグラタンの概要 ==
 
== 出典 ==
{{Reflist}}
 
{{デフォルトソート:くらたん}}