「オイルショック」の版間の差分

{{Legend|#00FFFF|[[実質と名目|名目]](当時の金額)}}
]]
日本への影響はあまりなかったものの、[[2004年]]頃から[[2008年]]秋頃にかけて(ピークは2008年)、目立った供給減少を伴わない[[原油価格]]の高騰が世界的に続いた。これを'''第3次オイルショック(第3次石油危機)'''と呼ぶ者もいる<ref>[http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200090806260030120/ NHK クローズアップ現代 2008年6月25日]{{リンク切れ|date=2017年10月}}</ref>。2008年[[2月]]にはニューヨークの商業取引所の原油先物市場で100[[アメリカ合衆国ドル|米ドル]]/[[バレル]]を突破した。
 
ピーク時の価格は、第1次・第2次石油危機のピークに比して、名目で3倍を超え、実質でも上回っていた。ただし、第1次・第2次に比べ、価格の上昇速度は緩やかだった。