「ダン池田」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
「[[NHK紅白歌合戦]]」では[[1972年]]~[[1984年]]まで指揮者を務めた(尚、[[1974年]]のみは[[原信夫]]とシャープス&フラッツが演奏を担当したため、10回紅組の指揮を担当した。1983年から紅白でバンドが分かれなくなり1983年・1984年は両軍の演奏を担当した)。
 
[[1985年]][[3月25日]]に月曜日放送の1時間版の「夜のヒットスタジオ」が最終回を迎えたのを区切り16年目夜のヒットスタジオのみ卒業。他の番組などでは、ニューブリードの[[バンドマスター]]を継続していた降板
 
同年[[11月]]に『芸能界本日モ反省ノ色ナシ』(第1弾・第2弾)を[[はまの出版]]から出版。本書は自身の1年間分の日記をまとめたものだが、70万部の[[ベストセラー]]になった一方で、タイトルに見て取れる通り、芸能界に対して辛辣な表現もあったことから[[暴露本]]と騒がれ、ニューブリードのバンドマスターを継続するのが困難と判断し、元[[ブルーコメッツ]]の[[小田啓義]]に交代した。同バンドは、さらに同じくブルーコメッツの[[三原綱木]]にバンドマスターを交代した際、「ザ・ニューブリード」に名称を変更、2014年現在も「[[NHK歌謡コンサート]]」や「NHK紅白歌合戦」、「[[NHKのど自慢]]チャンピオン大会」などで活躍中である。
1985年3月31日、ニューブリードのバンドマスターを交代。
 
1985年4月以降は契約の残っているバンドの仕事など他の番組などでは、継続をした。
同年[[11月|11月12日]]に『芸能界本日モ反省ノ色ナシ』(第1弾・第2弾)を[[はまの出版]]から出版。本書は自身の1年間分の日記をまとめたものだが、70万部の[[ベストセラー]]になった一方で、タイトルに見て取れる通り、芸能界に対して辛辣な表現もあったことから[[暴露本]]と騒がれ、ニューブリードのバンドマスターを継続するのが困難と判断し、元[[ブルーコメッツ]]の[[小田啓義]]に交代した。同バンドは、さらに同じくブルーコメッツの[[三原綱木]]にバンドマスターを交代した際、「ザ・ニューブリード」に名称を変更、2014年現在も「[[NHK歌謡コンサート]]」や「NHK紅白歌合戦」、「[[NHKのど自慢]]チャンピオン大会」などで活躍中である。
 
晩年の池田には単発での仕事しかなくなり、芸能事務所を設立してデュオの演歌歌手をデビューさせたが失敗。表舞台に出る機会が減っていった。
3

回編集