「下邳郡」の版間の差分

編集の要約なし
(記事名の制約タグ追加)
 
== 概要 ==
[[72年]](後漢の[[永平 (漢)|永平]]15年)、劉衍が下邳王となり<ref>『[[後漢書]]』顕宗紀</ref>、[[臨淮郡]]を分割して'''下邳国'''が立てられた。下邳国は[[徐州]]に属し、治所は[[下邳|下邳県]]に置かれた。後漢の下邳国は下邳・[[徐県|徐]]・[[僮県|僮]]・[[睢陵県|睢陵]]・[[下相県|下相]]・[[淮陰県|淮陰]]・[[淮浦県|淮浦]]・[[盱県|盱台]]・[[高山県|高山]]・[[潘旌県|潘旌]]・[[淮陵県|淮陵]]・[[取慮県|取慮]]・[[東県|東]]・[[曲陽県|曲陽]]・[[司吾県|司吾]]・[[良成県|良成]]・[[夏丘県|夏丘]]の17県を管轄した<ref>『後漢書』郡国志三</ref>。[[184年]]([[中平]]元年)、下邳王劉意が死去したが、後嗣となる子がなかったため、下邳国は廃止されて、下邳郡と改められた<ref>『後漢書』孝霊帝紀</ref>。
 
[[222年]]([[三国時代 (中国)|三国]]の[[魏 (三国)|魏]]の[[黄初]]3年)、[[曹宇]]が下邳王となり、下邳郡は下邳国と改められた。[[232年]]([[太和 (魏)|太和]]6年)、曹宇が燕王に改封されると、下邳国は下邳郡と改められた<ref>『[[三国志]]』魏書武文世王公伝</ref>。
 
[[265年]]([[西晋]]の[[泰始 (晋)|泰始]]元年)、司馬晃が下邳王となり、下邳郡は下邳国と改められた。西晋の下邳国は下邳・[[凌県|凌]]・良城・睢陵・夏丘・取慮・僮の7県を管轄した<ref>『[[晋書]]』地理志下</ref>。
 
[[525年]]([[北魏]]の[[孝昌]]元年)、下邳郡は[[東徐州]]に転属した。下邳郡は下邳・良城・僮・[[坊亭県|坊亭]]・柵淵・帰正の6県を管轄した<ref>『[[魏書]]』地形志二中</ref>。
== 僑置下邳郡 ==
=== 南下邳郡 ===
[[東晋]]の[[明帝 (東晋)|明帝]]のとき、'''南下邳郡'''が僑置された。南下邳郡は下邳・北・僮の3県を管轄した。[[460年]]([[大明 (南朝宋)|大明]]4年)、[[彭城郡|南彭城郡]]に併合された<ref name="soujo35">『[[宋書]]』州郡志一</ref>。
=== 北下邳郡 ===
[[宋 (南朝)|南朝宋]]のとき、下邳郡の本土を失陥すると、'''北下邳郡'''が僑置された。北下邳郡は僮・下邳・寧城の3県を管轄した<ref name="soujo35"/>。
匿名利用者