「電話番号」の版間の差分

(→‎外部リンク: リンク)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 電話番号の記述表記 ==
一般的に電話番号は「市外局番」または「エリアコード」と、「市内局番」、「加入者番号」の3種から成り立ち、記述する場合はそれぞれを[[ハイフン]](-)記号または半角スペースで区切って記述する。(例:03-9999-0000、03 9999 0000)なし
で区切って記述する。(例:03-9999-0000、03 9999 0000)
 
しかし、半角スペースを用いると同一地域内から発信する場合に省略可能な市外局番やエリアコードが見分けづらかったり、ハイフンを用いて記述する場合、近年の情報通信機器の発達と普及に伴って電話番号が数式と誤認識されてしまうなどの問題もあり、「( )」([[丸括弧]])記号を用いた表記も一般的となっている。この場合、丸括弧はハイフンの代用として用いられたもの(例:03(9999)0000)であるが、丸括弧が学術表記において省略を表す記号として用いられていることや、国際電話番号表記において発信しない番号を括弧書きで記す(例:+81 (0)3-9999-0000)ことが一般的であることから、同一地域内において省略可能である市外局番を括弧書きにするという記述(例:(03)9999-0000)も普及した。通信事業を所管する各国の省庁(日本では[[総務省]])は記述方法にまで言及しておらず、電話番号を自ら表記する者や電話番号の記入を求める者の判断に任されている。日本の場合、公文書や履歴書等の電話番号記入欄においては通常ハイフンを用いるかハイフンの代用として丸括弧を用いて記述することが一般的であるが、記入欄にあらかじめハイフンが書かれている場合はそれに従い、丸括弧が書かれている場合は、丸括弧が記入欄の冒頭(左端)にある場合はその中に市外局番を記入して市内局番と加入者番号はハイフンを用いて記入し、丸括弧が記入欄の中央付近に書かれている場合はハイフンの代用として記入を行う。
匿名利用者