「分圧」の版間の差分

== {{Otheruses|気体の分圧|電気工学における分圧 ==|分圧回路}}
'''分圧'''(ぶんあつ)は、[[電気工学]]と[[物理化学]]で異なる意味をもつ。この項目ではそれぞれの分圧について説明する。
 
== 電気工学における分圧 ==
{{Main|分圧回路}}
電気回路において、2つ以上の[[抵抗器]]を[[直列回路と並列回路#直列回路|直列]]に接続したときに、一方の抵抗器にかかる電圧は2つの抵抗器に掛かる電圧より低くなる。このようにして電圧を下げ、必要な電圧を取り出すことを'''分圧'''という。[[オームの法則]]より、2つの抵抗器に掛かる電圧は抵抗器の抵抗値に比例する。また、この回路は[[分圧回路]]と呼ばれる。
 
== 物理化学における分圧 ==
=== 素朴な定義 ===
多成分からなる混合[[気体]]において、ある1つの成分が混合気体と同じ[[体積]]を単独で占めたときの[[圧力]]を、その成分の'''分圧'''
({{Lang-en|partial pressure}})という<ref>[[#ムーア物理化学|ムーア物理化学]] p.28</ref>。たとえば[[酸素]]の分圧は[[酸素分圧]]と呼ばれる。
のように全圧 {{mvar|P}} に係数として[[モル分率]] {{mvar|X<sub>i</sub>}} を使って簡単に表すことができる。混合気体が[[理想気体の状態方程式]] {{math|1=''PV'' = ''nRT''}} に従うなら、この混合気体では分圧の法則が成り立つ。すなわち、[[理想混合気体]]の成分 {{mvar|i}} の分圧は {{math|1=''P<sub>i</sub>'' = ''X<sub>i</sub>P''}} で表すことができる。それに対して混合気体が {{math|1=''PV'' = ''nRT''}} に従わないときには、ふつうは分圧の法則が成り立たないので {{math|1=''P<sub>i</sub>'' &ne; ''X<sub>i</sub>P''}} である。
 
=== 専門的な定義 ===
混合気体中の2つの成分が[[化学平衡]]の状態にあるときには、これらの成分は混合気体と同じ体積を単独では占めることができない。よって、上述の方法ではこれらの成分の分圧を定義することはできない。たとえば[[二酸化窒素]]は[[四酸化二窒素]]と
{{indent|<math>2\mathrm{NO_2} \rightleftharpoons \mathrm{N_2O_4}</math>}}
 
{{DEFAULTSORT:ふんあつ}}
[[Category:電気]]
[[Category:物理化学]]
[[Category:気体]]
[[Category:圧力]]
[[Category:気体の法則]]
[[Category:電気回路]]
438

回編集