メインメニューを開く

差分

m
内部リンク
{{Otheruses|洋菓子|その他}}
[[ファイル:Runny hunny.jpg|thumb|right|[[イギリス]]のプレーンスコーンには[[蜂蜜]]や[[ジャム]]などをつけて食べる。[[アメリカ合衆国]]ではこのようなものは[[ビスケット]]と呼ばれ、特に[[アメリカ合衆国南部|南部]]でよく食べられている。]]
'''スコーン'''({{Lang-en-short|scone}})は、[[スコットランド]]料理]]の、[[バノック]]より重い[[パン]]。
 
[[小麦粉]]、[[オオムギ|大麦粉]]、あるいは[[オートミール]]に[[ベーキングパウダー]]を加え、[[牛乳]]でまとめてから軽く捏ね、成形して焼き上げる。粉に[[バター]]を切り込んだり、[[レーズン]]や[[デーツ]]などの[[ドライフルーツ]]を混ぜて焼き上げられることも多い。粗挽きの大麦粉を使って焼いたバノック(bannock)というお菓子がその起源とされ、文献に初めて登場するのは1513年といわれる。[[19世紀]]半ばに、ベーキングパウダーや[[オーブン]]の普及によって、現在の形になった<ref>お菓子の由来物語 猫井登著、幻冬舎ルネッサンス 2008年出版</ref>。現在では発祥地の[[スコットランド]]のみならず[[イギリス]]全土で食べられており、また[[大西洋]]を渡って[[アングロアメリカ]]でもよく食べられている。
2,491

回編集