「三国ヶ丘駅」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
南海高野線の[[便所]]は橋上駅舎に設置されており、男女別の[[水洗式便所|水洗式]]で多機能トイレも設置されている(これにより難波行きホームのトイレは2012年10月に、高野山行きホームのトイレは橋上駅舎供用開始と同時に使用停止)。JRは2014年1月に、南海への乗換改札口があった場所に便所が設置された。
 
改札分離前は、入場券は券売機で南海の料金の物(150円・小児80円)が、出札窓口でJRの料金の物(デザインは南海様式。120円・小児60円)が発売されたが、駅の構造上JRの入場券で西口から入場すると、安いJRの料金で南海の構内に入場できていた。こうした事象は構内分離により解消された。
 
=== のりば ===
匿名利用者