「ドイツ表現主義」の版間の差分

編集の要約なし
(英語版「en:German Expressionism」、https://www.moma.org/s/ge/curated_ge/ など、用例はいくらでもあるのに、思わせぶりに、曖昧な記述をする必要はない)
編集の要約なし
{{出典の明記|date=2017年6月}}
[[ファイル:Bundesarchiv B 145 Bild-P047333, Berlin, Mary Wigman-Studio.jpg|サムネイル|ドイツ表現主義舞踊の代表格[[マリー・ウィグマン]]]]
[[ファイル:Cabinet of Dr Caligari 1920 Lobby Card.jpg|サムネイル|映画「[[カリガリ博士]]」]]
[[ファイル:Franz Marc 005.jpg|サムネイル|[[フランツ・マルク]]「小さな青い馬」]]
'''ドイツ表現主義'''({{lang-en-short|Expressionism}})は、ドイツにおいて第一次世界大戦前に始まり1920年代に最盛となった芸術運動で、客観的表現を排して内面の主観的な表現に主眼をおくことを特徴とした。建築、舞踊、絵画、彫刻、映画、音楽など各分野で流行し、「黄金の20年代」と呼ばれた[[ベルリン]]を中心に花開いた。
 
== 概要 ==
'''ドイツ表現主義'''({{lang-en-short|Expressionism}})
 
ドレスデン(ドイツ)で1905年に前衛絵画グループ・[[ブリュッケ]]が生まれ、ドイツ表現主義と言われる運動の起点になった(表現主義の項目を参照のこと)。[[表現主義]](Expressionism)は[[印象主義]](Impressionism)に対する言葉で、不安の感情などを表現している。