「社会現象」の版間の差分

m
この記事に無関係なCPUの記述を削除。
m (ボット: 言語間リンク 7 件をウィキデータ上の d:q602884 に転記)
m (この記事に無関係なCPUの記述を削除。)
なおこの場合の社会だが、言い換えれば人間の一定集団の存在を社会と定義するなら、その集団内の現象が社会現象である。例えば[[家庭]]や[[学校]]の生徒といった集団は、それらが各々の社会を形成するが、この社会において観測される現象も、広義の社会現象である。しかしそちらも現象としては規模は小さく、余り目立って観測されないことから、社会現象としては認識されない。
 
「社会現象」という日本語は、social phenomenonという英語の訳として用いられることがあるが、ある種の場合において両者の意味するところには多少の差異がある。欧米社会において、Social phenomenonあるいはPhenomenonは、世間を驚かせるような商業的な大成功、大流行という意味で用いられることがある。AMDのクアッドコア(4コア)CPUである[[Phenom]]は、大成功を期待してつけられた名前である。
 
==関連項目==
533

回編集