「フランシス・ライン」の版間の差分

英語版を参考にリンク追加
編集の要約なし
(英語版を参考にリンク追加)
{{Infobox 人物|name=フランシス・ライン|birth datebirth_date=[[1595年|birth_date=1595]]|birth_place=[[ロンドン]]|death date=[[1675年]][[11月15日|death_date=15 November 1675]]|death place=[[リエージュ (ベルギー)|death_place=Liège (Belgium)|resting place coordinates=<!-- {{coord|LAT|LONG|display=inline,title}} -->|resting_place_coordinates=<!-- {{coord|LAT|LONG|display=inline,title}} -->]]|other names=リエージュのライナス<div>フランシスカス・ライナス</div>|other_names=Linus of Liège, Franciscus Linus|民族=<!-- {{coord|LAT|LONG|display=inline,title}} -->|ethnicity=<!-- {{coord|LAT|LONG|display=inline,title}} -->|occupation=イエズス会宣教師|known for=磁石時計|known_for=magnetic clock}}
 
'''フランシス・ライン''' ({{lang-en|Francis Line}}, [[1595年]][[1675年]][[11月15日]])はリエージュのライナスとしても知られる[[イエズス会]]の宣教師及び科学者。磁石時計を発明したことで知られている<ref>{{cite book|ref=|last=Moray|author=|first=Robert|title=Travel Journal of Sir Robert Moray|url=|format=|edition=Historical Facsimile|date=|year=2007|publisher=O'Reilly Media Inc.|isbn=|page=|pages=|chapter=[[アタナシウス・キルヒャー|Athanasius Kircher]]'s Magnetic Clock|quote=|location=Sebastopol, California|authorlink=Robert Moray|origyear=|oclc=|doi=|id=|chapterurl=|nopp=|bibcode=}}</ref><ref>[http://hotgates.stanford.edu/Eyes/kircher/line.html Francis Line's magnetic clock]
</ref>。ニ[[アイザック・ニュートン|ニュートン]]の理論と業績に対する同時代の批評家としても有名である<ref>{{cite journal|last=Reilly|first=Conor|year=1962|title=Francis Line, Peripatetic (1595-1675)|journal=[[Osiris (journal)|Osiris]]|volume=14|issue=1|pages=222–253|publisher=Saint Catherines Press.|doi=10.1086/368628}}
</ref> 。[[ロバート・ボイル]]と彼の気体理論にも挑んだ。<ref>{{cite journal|last=Brush|first=Stephen G.|date=April 1999|title=Gadflies and Geniuses in the History of Gas Theory|url=http://www.springerlink.com/content/k750j2t182461451/|journal=Synthese|volume=119|number=1-2|pages=11–43|publisher=Springer Netherlands
<!--|issn= 0039-7857 Does not appear to be correct in spite of being referenced at the page pointed to by the DOI. The other ISSN doesa appear to be correct, and is certainly not an ISBN. -->|doi=10.1023/A:1005235019068|issn=1573-0964}}</ref>
 
== 生涯 ==
1595年生まれ。生まれた際は別名であるホールという名前を用いた。生まれは[[ロンドン]]もしくは[[バッキンガムシャー]]とされている。1623年にイエズス会に入り、1628年に宣教師に任命され、1640年8月20日に4つの誓いを宣言した。<ref name="DNB">{{cite DNB|wstitle=Line, Francis}}</ref>
 
長きにわたり、リエージュのイエズス会の大学でヘブライ語と数学の教授をしていた。1656年イギリスの任務に派遣され、短期間[[ダービー (イギリス)|ダービー地区]]で働いた。1659年とさらに数年間ロンドン地区におり、1665年には[[ランカシャー|ランカシャー地区]]に駐留した。イギリスでの任務を果たしている間に、ダイヤルを製作し、1669年7月24日に[[ホワイトホール王のプライベートガーデン]]に設置した。1672年に彼を父なる神とするリエージュに再び行き、新暦1675年11月25日に死去した<ref name="DNB"/>。
 
== ホワイトホール宮殿のダイヤル ==