メインメニューを開く

差分

 
==初期の官邸==
現在の首相官邸ホームページでは「元は[[太政大臣]]官舎。[[内閣 (日本)|内閣]]制度創設期から旧官邸が完成した[[1929年]]まで使用された。西洋風の木造2階建て」とされている<ref>[http://www.kantei.go.jp/jp/vt2/main/00/photo-zentai01.html 官邸全体] - 旧首相官邸バーチャルツアー</ref>。建坪は723.229坪(約2,390㎡)と、当時の大臣官舎の中でも最大級を誇った<ref>[https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/74/639/74_639_1173/_pdf 『各省所管官有財産目録』に見る明治時代中期における各省所管官舎について] - 藤木竜也、2009年(日本建築学会計画系論文集 第639号)</ref>。
 
ただ太政大臣官舎の詳細について調査した論文(藤木、2007年)<ref name=fujiki>[https://www.jstage.jst.go.jp/article/aija/72/621/72_KJ00004784894/_pdf 明治前期の外務卿官舎と太政大臣官舎について] - 藤木竜也、2007年(日本建築学会計画系論文集 第621号)</ref>では、太政大臣官舎は[[1878年]](明治11年)より当時太政大臣だった[[三条実美]]が居住し、[[1885年]](明治18年)の内閣制度発足に伴い[[内大臣]]となった三条の公邸に転用、さらに[[1888年]](明治21年)より[[枢密院 (日本)|枢密院]]の事務所として使われていたとされている。またそもそも太政大臣官舎は「煉瓦造2階建ての洋館と後に増築された和館から成る、和洋館並列型様式」であることも判明しており、建築様式も異なっている<ref name=fujiki />。
匿名利用者