「イーウッド・パーク」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
}}
 
'''イーウッド・パーク'''({{En|'''Ewood Park'''}})は、[[イングランド]], [[ランカシャー]]州, [[ブラックバーン (イングランド)|ブラックバーン]]にあるスタジアム。現在は、[[ブラックバーン・ローヴァーズFC]]のホームスタジアムとなっている。収容人数は31,367人。
 
== スタンド ==
'''ジャック・ウォーカー・スタンド'''({{En|'''The Jack Walker Stand'''}}、 以前の名称を{{En|Nuttall Street Stand}})現在の建物は1990年完成で座席数11,000。2層構造式のメインスタンド。内部には、ホーとアウェーチームのドレッシングルームとメディアカンファレンス設備が含まれている。スタンド名となっている「{{仮リンク|ジャック・ウォーカー|en|Jack Walker}}」は、鉄工業で財を成した実業家でブラックバーンの元会長に因む。このスタンド、ブラックバーン・エンドとダーウェン・エンドは同じ高さでデザインも大凡で同じとなっている。
 
'''ロニー・クレイトン・ブラックバーン・エンド・スタンド'''({{En|'''The Ronnie Clayton Blackburn End Stand'''}})、1990)1990年完成の座席数8,000。ホームサポーター席設定されているゴール裏スタンドで2層構造。ブラックバーンの中心街がある方向に建っているためそれに由来。ローヴァーズサポーターにとってのメインスタンドとみなされている。
 
'''ザ・RFS リヴァーサイド・スタンド'''({{En|'''The RFS Riverside Stand'''}}、 2007-08シーズンは{{En|'''Fraser Eagle Stand'''}}、 過去にもスポンサー名を冠し{{En|CIS Riverside Stand}}や{{En|Walkersteel Stand}})以前建っていたスタンドは1985年に閉鎖され改修。1988年に完成(一部は1992年完成)したスタンドで座席数はおおよそで4,000。1層構造のバックスタンド。スポンサーボードとスタンドの間にスペースが空いており観客用通路となっている。ダーウェン・エンド側コーナーには[[ダクトロニクス]]製のモニターが設置されてある。過去には[[ソニー]][[ジャンボトロン]]が設置されてあった。名称は、スタンド後方を{{仮リンク|ダーウェン川|en|River Darwen}}が流れていることに由来。
 
'''ザ WEC ブライアン・ダループラス・ダーウェン・エンド・スタンド'''({{En|'''The Bryan Douglas Darwen End Stand'''}}、 現在以前はスポンサー名を冠し{{En|'''The WEC Group Darwen End Stand'''}})、1現在のスタンドは1990年代完成で座席数8,000。アウェーサポーター席が設定されているゴール裏スタンドでブラックバーン・エンドと全く同じ造りの2層構造となっている。しかし、セキュリティ上の関係からか2階席が使用されない試合も多々ある。
 
== スタジアム見学 ==
7,455

回編集