「ヒュペリーオーン」の版間の差分

m
編集の要約なし
(異なる呼び方を追加)
m編集の要約なし
{{Otheruseslist|ギリシア神話に登場する神|[[土星]]の[[衛星]]|ヒペリオン (衛星)|[[フリードリヒ・ヘルダーリン]]の小説|ヒュペーリオン}}
'''ヒュペリーオーン'''({{翻字併記|grc|'''Ὑπερίων'''|''Hyperīōn''|n}})は、[[ギリシア神話]]に登場する[[神]]である。その名は「高みを行く者」の意味。[[ティーターン]]神の1人で、[[太陽神]]・光明神と考えられる。
 
[[英語]]読みでは'''ハイペリオン'''。[[日本語]]では[[長母音]]を省略して'''ヒュペリオン'''、または'''ハイペリオン'''とも呼ぶ表記される
 
== 概説 ==
[[ヘーシオドス]]の『[[神統記]]』によるとヒュペリーオーンは[[ウーラノス]]と[[ガイア]]の息子で、[[オーケアノス]]、[[コイオス]]、[[クレイオス]]、[[イーアペトス]]、[[クロノス]]、[[テイアー]]、[[レアー]]、[[テミス]]、[[ムネーモシュネー]]、[[ポイベー]]、[[テーテュース]]と兄弟<ref>ヘーシオドス、133~138133行-138行</ref><ref>アポロドーロス、1巻1・3。</ref>。またテイアーの夫で、[[ヘーリオス]]、[[セレーネー]]、[[エーオース]]の父でもある<ref>ヘーシオドス、371~372371行-372行</ref><ref>アポロドーロス、1巻2・2。</ref>。一説にヒュペリーオーンの妻はアイトラーとも<ref>[[ヒュギーヌス]]、序文。</ref>、バシレイアともいわれる<ref>シケリアのディオドロス、3巻57・3。</ref>。
 
[[シケリアのディオドロス]]によると、ヒュペリーオーンは初めて[[天体]]の運行と[[季節]]の変化の関係を人々に教えたとされる<ref>シケリアのディオドロス、5巻67・1。</ref>。
 
なお[[ホメーロス]]の『[[オデュッセイア]]』では、ヒュペリーオーンという名は太陽神ヘーリオスの呼称としても用いられ<ref>『オデュッセイア』1巻、12巻。</ref>、このためヒュペリーオーンとは元来ヘーリオスの別名にすぎなかったのではないかとも考えられている<ref>『オデュッセイア』松平訳による訳注、p.333。</ref><ref>『オデュッセイア』松平訳による訳注p.371。</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
<div class="references-small"><references /></div>
 
== 参考文献 ==
* [[アポロドーロス]]『ギリシア神話』[[高津春繁]]訳、[[岩波文庫]](1953年)
* [[シケリアのディオドロス|ディオドロス]]『神代地誌』飯尾都人訳、龍書舎(1999年)
*ヘシオド [[ヒュギーヌ]]ギリシャ統記話集』[[廣川洋一松田治]]・青山照男訳、岩波[[講談社学術文庫(1984]](2005年)
*ホメロ [[ヘシオド]]オデュッセイア(上)神統記』[[松平千秋廣川洋一]]訳、岩波文庫(1994(1984年)
* [[ホメロス]]『オデュッセイア(上)』[[松平千秋]]訳、岩波文庫(1994年)
* 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、[[岩波書店]](1960年)
 
{{ギリシア神話}}