「ハットルグリムス教会」の版間の差分

m
(細部訂正)
1945年に建設が開始されてから1986年に完成するまで、実に41年の歳月を要した。ランドマークとなる塔は教会全体が完成するだいぶ前に完成していた。聖歌隊席の下にしつらえられた[[地下聖堂]]は1948年に、尖塔と両翼は1974年に<ref name=AAA>{{cite journal|last=Noyes|first=David|title=Iceland – Europe's coolest little hot spot|work=Going Places|publisher=[[American Automobile Association|AAA]]|date=March–April 2009|page=&nbsp;28}}</ref> 、[[身廊]]は1986年に完成、[[聖別]]された<ref name=Hyperion />。内部は1676平方メートル。2008年には主塔の大規模な改修が行われ、足場に覆われたが、2009年には改修が完了し、足場も撤去された。
 
ハットルグリムス教会にはドイツ・ボンのオルガン製作者ヨハンネス・クライスの手による大型パイプオルガン[ 4段手鍵盤4段と足鍵盤、実働ストップ72、パイプ本数 5,275 ]本)が設置されている。
 
教会は展望塔としても利用されている。展望台からはレイキャヴィークの街と周辺の山々が一望できる。最上階まではエレベーターが通じているが、有料である。