メインメニューを開く

差分

*平安時代 - 若かりし頃の[[紫式部]]が越前府中に住んでいた時期もある。
 
*鎌倉時代 - 越前和紙が今立地区(旧[[今立町]])で抄造され定着化が進む。
 
*室町時代~江戸時代 - [[越前和紙]]の普及も盛んになり今立地区(旧[[今立町]])の[[大滝村]]に紙座(組合)<ref>[http://www.tamagami.jp/history/history.html 越前和紙の歴史]2017-10-27日閲覧。</ref>が設けらた。
   越前の和紙職人が抄造を全国に普及させ、全国の和紙産地が形成された。
*戦国時代(安土桃山時代) - [[織田信長]]支配時には[[不破光治]]、[[佐々成政]]、[[前田利家]]の[[府中三人衆]]により治められ、前田利家によって越前府中城、佐々成政によって[[小丸城]]が築かれた。また旧武生市内府中から、五分市町(ごぶいち)、味真野町(あじまの)一帯は、[[本願寺]]派の寺社が多く分布しており多くの一向宗門徒がいた事から越前一向一揆の惨劇の舞台となった。
258

回編集