「フェルナンド・J・コルバト」の版間の差分

 
コルバトは'''コルバトの法則'''でも知られている。その内容は次のようなものである<ref>Originally from {{Cite journal |last=Corbató |first=F. J. |date=6 May 1969 |title=PL/I as a Tool for System Programming |journal=Datamation |volume=15 |issue=5 |pages=68–76 |url=http://home.nycap.rr.com/pflass/PLI/plisprg.html |quote=Regardless of whether one is dealing with assembly language or compiler language, the number of debugged lines of source code per day is about the same! |archiveurl=https://web.archive.org/web/20080206153039/http://home.nycap.rr.com/pflass/PLI/plisprg.html |archivedate=2008年2月6日 |deadurldate=2017年9月 }}</ref>。
:アセンブリ言語かコンパイラ言語かということとは関係なく、ソースコードの、1日の(うちに生産できる)デバッグ済みの行の数はだいたい同じである。(Regardless of whether one is dealing with assembly language or compiler language, the number of debugged lines of source code per day is about the same!)
 
2度結婚している。2人目の妻イザベルとの間に2人の娘をもうけた。また、妻の連れ子の息子が2人いる。