「試薬」の版間の差分

→‎top: in vitroの部分を分かりやすくしました。
m (Bot: ====大手==== → ===大手===, ====準大手〜中堅==== → ===準大手〜中堅===, ====その他==== → ===その他=== ,Corrected level of heading(s) ∵Check Wikipedia #25)
(→‎top: in vitroの部分を分かりやすくしました。)
[[Image:SulfurReagent.jpg|thumb|right|225px|試薬の例 (硫黄)]]
'''試薬'''('''しやく'''、'''Reagent''')もしくは'''試剤'''('''しざい''')とは、[[化学]]実験で反応させる目的で製造した[[薬品]]をさす呼称であり、メーカーが販売しているものを指すことが多い。同一の[[化合物]]であっても、生体や組織に作用させる薬品は試薬と呼ばれることは少なく、[[生化学]]あるいは[[生理学]]実験では薬剤と呼ばれる。そしてヒトや動物の疾患の治療に用いられる場合は[[医薬品]](動物薬)である。一方、in vitro人工的な条件下で行う生物学実験などにおいては、酵素や受容体そのものを生体より取り出して作用させる場合にこれらを試薬と呼ばれることもある。
 
通常、薬剤や医薬品の場合は不純物が含まれていると副作用が発生し目的にそぐわないことが懸念される為、より高純度の製品であったり、場合によっては副作用を示さない保証の為に種々の確認試験が製品に施される。
172

回編集