「1995年の日本シリーズ」の版間の差分

[審判]パ[[前田亨|前田]](球)セ[[井野修|井野]] パ[[山本隆造|山本隆]] セ[[小林毅二|小林毅]](外)パ[[永見武司|永見]] セ[[久保田治|久保田]](外)
 
オリックスはチームの精神的支柱である大ベテラン[[佐藤義則]]、ヤクルトは戦前肩痛が伝えられていた[[テリー・ブロス]]が登板、レギュラーシーズンに[[ノーヒットノーラン]]を達成した両投手のノーヒッター対決となった。2回表にヤクルトが[[飯田哲也 (野球)|飯田哲也]]のタイムリーで先制すると、オリックスも4回に[[トロイ・ニール]]のタイムリーで追い付く。しかし5回表にヤクルトが[[池山隆寛]]の2点タイムリーで勝ち越し、オリックスも6回にニールの2打席連続タイムリーで追いすがるが、8回表、ヤクルトは代打の切り札・大野雄次の2ランで突き放す。ブロスは150km/h台の高めの直球を有効に使って[[イチロー]]を始めオリックス打線を抑え、最後は守護神・高津が締めて、ヤクルトが先勝。
 
[http://npb.jp/bis/scores/nipponseries/boxscore1995_1.html 公式記録関係](日本野球機構ページ)