「モロコシ」の版間の差分

→‎歴史と利用: 非穀物種
(沖縄での呼称と利用を追加)
(→‎歴史と利用: 非穀物種)
沖縄では伝統野菜として、紅芋などとともに餅に入れて[[ムーチー]]にするなどして利用される<ref>[https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-215716.html 伝統野菜で食品開発 奥武産トーナチン使い3品]</ref>。
 
飼料用途も多いが、21世紀に入っても依然として食用として栽培されている国は多い。穀物として食べた時は[[ソバ]]に似た食感があり、北アフリカでは[[クスクス]]や[[粥]]の、[[インド]]ではチャパティなどの[[フラットブレッド]]の材料として使われる<ref>ビル・ローズ著 柴田譲治訳『図説:世界史を変えた50の植物』 原書房、2012年、p224</ref>。[[ひき肉]]のような弾力とコクがあるので「たかきび[[ハンバーグ]]」などとして主食の材料にも使われるほか、アメリカ合衆国南部で。飼料用途としては、濃褐色の[[シ「マイップ]]が作られ、[[ビスケット#米国のビスケット|ビスケット]]につけて食べられる。[[南部アフリカ]]」(Milo)という名称は[[ビール]]の醸造鳥用に使われることが多い
飼料用途としては、「マイロ」(Milo)という名称で鳥用に使われることが多い。
 
穀物として利用しない品種もある。ソルゴー型ソルガムは茎に糖汁が多く、青刈り飼料にされるか、[[サトウキビ]]のように搾汁して[[糖蜜]]が利用される。専ら糖蜜用のものは{{仮リンク|スウィート・ソルガム|en|Sweet sorghum}}と呼ばれる。アメリカ合衆国南部では、濃褐色の[[シロップ]]が作られ、[[ビスケット#米国のビスケット|ビスケット]]につけて食べられる。[[南部アフリカ]]では[[ビール]]の醸造に使われる。また、スーダン型ソルガムも青刈り飼料・[[サイレージ]]・[[緑肥]]として用いられる。
[[満州国]]([[1933年]]〜[[1945年]]まで存在した国家)では、[[国花]]に指定されていた。1933([[大同 (満州)|大同]]2)年[[4月]]に決定されたとの記録がある<ref>[http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?LANG=JA&METAID=00472759&POS=1&TYPE=IMAGE_FILE 「建国後三年間の堅実な歩み 満洲国の重要記録」]、『満洲日報』1935年(昭和10年)3月1日付</ref>。
 
[[満州国]]([[1933年]]〜[[1945年]]まで存在した国家)では[[国花]]に指定されていた。1933([[大同 (満州)|大同]]2)年[[4月]]に決定されたとの記録がある<ref>[http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?LANG=JA&METAID=00472759&POS=1&TYPE=IMAGE_FILE 「建国後三年間の堅実な歩み 満洲国の重要記録」]、『満洲日報』1935年(昭和10年)3月1日付</ref>。
 
== 生産量 ==