「フランシス・ライン」の版間の差分

ダイヤルを日時計に訂正。他スペースなどの整理。
m (→‎ホワイトホール宮殿のダイヤル: 文字の斜体部分を一部修正)
(ダイヤルを日時計に訂正。他スペースなどの整理。)
 
'''フランシス・ライン''' ({{lang-en|Francis Line}}, [[1595年]] – [[1675年]][[11月15日]])はリエージュのライナスとしても知られる[[イエズス会]]の[[司祭]]及び科学者。磁石時計を発明したことで知られている<ref>{{cite book|ref=|last=Moray|author=|first=Robert|title=Travel Journal of Sir Robert Moray|url=|format=|edition=Historical Facsimile|date=|year=2007|publisher=O'Reilly Media Inc.|isbn=|page=|pages=|chapter=[[アタナシウス・キルヒャー|Athanasius Kircher]]'s Magnetic Clock|quote=|location=Sebastopol, California|authorlink=Robert Moray|origyear=|oclc=|doi=|id=|chapterurl=|nopp=|bibcode=}}</ref><ref>[http://hotgates.stanford.edu/Eyes/kircher/line.html Francis Line's magnetic clock]
</ref>。[[アイザック・ニュートン|ニュートン]]の理論と業績に対する同時代の批評家としても有名である<ref>{{cite journal|last=Reilly|first=Conor|year=1962|title=Francis Line, Peripatetic (1595-1675)|journal=[[Osiris (journal)|Osiris]]|volume=14|issue=1|pages=222–253|publisher=Saint Catherines Press.|doi=10.1086/368628}}
</ref> 。[[ロバート・ボイル]]と彼の気体理論にも挑んだ<ref>{{cite journal|last=Brush|first=Stephen G.|date=April 1999|title=Gadflies and Geniuses in the History of Gas Theory|url=http://www.springerlink.com/content/k750j2t182461451/|journal=Synthese|volume=119|number=1-2|pages=11–43|publisher=Springer Netherlands
<!--|issn= 0039-7857 Does not appear to be correct in spite of being referenced at the page pointed to by the DOI. The other ISSN doesa appear to be correct, and is certainly not an ISBN. -->|doi=10.1023/A:1005235019068|issn=1573-0964}}</ref>
 
== 生涯 ==
1595年生まれ。生まれた際は別名であるホールという名前を用いた。生まれは[[ロンドン]]もしくは[[バッキンガムシャー]]とされている。1623年にイエズス会に入り、1628年に司祭に任職され、1640年8月20日に4つの誓いを宣言した<ref name="DNB">{{cite DNB|wstitle=Line, Francis}}</ref>
 
長きにわたり、リエージュのイエズス会の大学でヘブライ語と数学の教授をしていた。1656年イギリスの任務に派遣され、短期間[[ダービー (イギリス)|ダービー地区]]で働いた。1659年とさらに数年間ロンドン地区におり、1665年には[[ランカシャー|ランカシャー地区]]に駐留した。イギリスでの任務を果たしている間に、ダイヤルを製作し、1669年7月24日に[[ホワイトホール王のプライベートガーデン]]に設置した。1672年に彼を父なる神とするリエージュに再び行き、新暦1675年11月25日に死去した<ref name="DNB"/>。
 
== ホワイトホール宮殿のダイヤル日時計 ==
チャールズ2世のために1669年にダイヤル日時計を作成した。これは1673年の''An Explication of the Diall'' に詳しく説明されている<ref>''An Explication of the Diall sett up in the Kings Garden at London, an. 1669. In which very many sorts of Dyalls are conteined; by which, besides the Houres of all kinds diversly expressed, many things also belonging to Geography, Astrology, and Astronomy are by the Sunnes shadow made visible to the eye. Amongst which, very many Dialls, especially the most curious, are new inventions, hitherto divulged be {{sic}} None,’ Liège, 1673, 4to. It was also printed in Latin, Liège, 1673.</ref> 。それぞれ多くのプレーンカットがなされている地理学、占星術、天文学の目的のためのダイヤルがそれぞれ上に位置付けられた6つの部分に分かれ台座に乗っけられている<ref name="DNB"/>。1775年、[[ジョン・ウィルモット (第2代ロチェスター伯)|ロチェスター伯爵]]と酔った友人により破壊された<ref>{{cite book|author=James William Johnson|title=A Profane Wit: The Life Of John Wilmot, Earl Of Rochester|url=https://books.google.com/books?id=sxrjd1kvZlQC&pg=PA220|year=2004|publisher=University Rochester Press|isbn=978-1-58046-170-2|page=220|accessdate=23 February 2013}}</ref>
[[ファイル:Whitehall_Dial_Francis_Line.jpg|サムネイル|フランシス・ラインのホワイトホール宮殿のダイヤル。ウィリアム・レイボーンの作品から複写したイラスト]]