「フランシス・ライン」の版間の差分

ー告知
(ダイヤルを日時計に訂正。他スペースなどの整理。)
(ー告知)
{{告知}}
{{Infobox 人物|name=フランシス・ライン|birth_date=[[1595年]]|birth_place=[[ロンドン]]|death date=[[1675年]][[11月15日]]|death place=[[リエージュ]]|other names=リエージュのライナス<div>フランシスカス・ライナス</div>|occupation=イエズス会司祭|known for=磁石時計}}
 
 
== ホワイトホール宮殿の日時計 ==
チャールズ2世のために1669年に日時計を作成した。これは1673年の''An Explication of the Diall'' に詳しく説明されている<ref>''An Explication of the Diall sett up in the Kings Garden at London, an. 1669. In which very many sorts of Dyalls are conteined; by which, besides the Houres of all kinds diversly expressed, many things also belonging to Geography, Astrology, and Astronomy are by the Sunnes shadow made visible to the eye. Amongst which, very many Dialls, especially the most curious, are new inventions, hitherto divulged be {{sic}} None,’ Liège, 1673, 4to. It was also printed in Latin, Liège, 1673.</ref>。それぞれ多くのプレーンカット浮き彫りがなされている地理学、占星術、天文学の目的のためのダイヤル日時計がそれぞれ上に位置付けられた6つの部分に分かれ台座に乗っけられている<ref name="DNB"/>。1775年、[[ジョン・ウィルモット (第2代ロチェスター伯)|ロチェスター伯爵]]と酔った友人により破壊された<ref>{{cite book|author=James William Johnson|title=A Profane Wit: The Life Of John Wilmot, Earl Of Rochester|url=https://books.google.com/books?id=sxrjd1kvZlQC&pg=PA220|year=2004|publisher=University Rochester Press|isbn=978-1-58046-170-2|page=220|accessdate=23 February 2013}}</ref>。
[[ファイル:Whitehall_Dial_Francis_Line.jpg|サムネイル|フランシス・ラインのホワイトホール宮殿のダイヤル日時計。ウィリアム・レイボーンの作品から複写したイラスト]]
 
== 業績 ==