「コンテナターミナル」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 施設 ==
[[コンテナ船]]が接岸して[[コンテナ]]を積み卸しする専用の岸壁を備え、これらのコンテナを運搬・保管する固定施設([[コンテナヤード]]、管理棟、ターミナルゲート、[[コンテナフレートステーション]]、メンテナンスショップなど)、および荷役用可動施設([[ガントリークレーン]]、トランスファークレーン、[[ストラドルキャリア]]など)で構成される。コンテナの積卸作業だけでなく一時的に保管する機能を有するほか、国際貨物の輸出入時の[[保税地域]]としての役割も果たしている<ref name = "船と海運のはなし"/>。
 
=== 荷役エリア ===
 
=== ゲートエリア ===
コンテナターミナルの中でエプロンとコンテナヤード以外がゲートの部分である。ゲート周辺は、文字通りコンテナ車両が出入りするターミナルゲートのほかに、管理棟、コンテナの開梱・梱包作業を行なう「[[コンテナフレートステーション]]」(CFS)、コンテナや荷役機器の補修などを行うメンテナンスショップ、コンテナ洗浄所などがある<ref name = "まるごと! 船と港">森隆行著『まるごと! 船と港』同文館出版 2008年3月19日初版発行 ISBN 978-4-495-57861-9</ref>。
 
== 規模 ==