「二子山部屋」の版間の差分

m
== 8代二子山時代 ==
=== 沿革 ===
[[1921年]](大正10年)5月場所限りで引退した[[友綱部屋 (1891-1946)|友綱部屋]](前頭筆頭・[[海山太郎 (二所ノ関) |海山]])所属の元前頭筆頭・[[土州山役太郎]]が年寄・二子山を襲名して、友綱部屋より分家独立して'''二子山部屋'''を創設した。[[中立部屋]](大関・[[伊勢ノ濱慶太郎|伊勢ノ濱]])が中立親方の死去で部屋が閉鎖された時には、後の幕内・[[伊勢ノ浜寅之助|灘ノ花]]、[[銚子灘傳右エ門|銚子灘]]らを一時預かり(彼らはその後[[出羽海部屋]]に移籍)、幕内・[[土州山好一郎]]らを育てたが、1947年(昭和22年)限りで二子山部屋を閉じた。なお、こうした関係のため、同系統とみなされて、二子山部屋の力士と二所ノ関部屋の力士との対戦はなかった。
 
弟子の土州山好一郎は高知県出身ということで同郷の横綱・[[玉錦三右エ門|玉錦]]の露払いなどを務め、引退後は年寄・大嶽を襲名したが部屋は興さなかった。
13,482

回編集