「マルクス・アティリウス・レグルス (紀元前294年の執政官)」の版間の差分

m
BOX追加など
(en:Marcus Atilius Regulus (consul 294 BC) (13:44, 4 March 2017‎ UTC)を翻訳)
 
m (BOX追加など)
{{Infobox 共和政ローマ
'''マルクス・アティリウス・レグルス'''(Marcus Atilius Regulus)は[[共和政ローマ]]の[[プレブス]](平民)出身の政治家・軍人。[[紀元前294年]]に[[執政官]](コンスル)を努めたが<ref>[[ティトゥス・リウィウス]]『[[ローマ建国史]]』、X 32.1</ref>、[[アティリウス氏族]]では二人目の執政官であった.<ref>[[:en:Thomas Robert Shannon Broughton|Broughton, T. Robert S.]]: ''The Magistrates Of The Roman Republic. Vol. 1: 509 B.C. - 100 B.C.''. Cleveland, Ohio: Case Western Reserve University Press, 1951. Reprint 1968. (Philological Monographs. Edited by the American Philological Association. vol. 15, part 1), p. 179</ref>。
|人名=マルクス・アティリウス・レグルス<br>Marcus Atilius Regulus<br>(M. Atilius M .f. M. n. Regulus)
|出生=不明
|死没=不明
|出身階級=[[プレブス]]
|氏族名=[[アティリウス氏族]]
|官職=執政官<span style="font-size: smaller">(紀元前294年)</span>
|後継者=[[マルクス・アティリウス・レグルス]]<br>[[ガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌス]]
}}
'''マルクス・アティリウス・レグルス'''(Marcus({{lang-la|Marcus Atilius Regulus)Regulus}}, 生没年不詳)は[[共和政ローマ]]の[[プレブス]](平民)出身の政治家・軍人。[[紀元前294年]]に[[執政官]](コンスル)をめたが<ref>[[ティトゥス・リウィウス]]『[[ローマ建国史]]』、X 32.1</ref>、[[アティリウス氏族]]では二人目の執政官であった.<ref>[[:en:Thomas Robert Shannon Broughton|Broughton, T. Robert S.]]: ''The Magistrates Of The Roman Republic. Vol. 1: 509 B.C. - 100 B.C.''. Cleveland, Ohio: Case Western Reserve University Press, 1951. Reprint 1968. (Philological Monographs. Edited by the American Philological Association. vol. 15, part 1), p. 179</ref>。
 
==経歴==
レグルスは[[紀元前295年]][[センティヌムの戦い]]([[サムニウム戦争#第3次サムニウム戦争|第三次サムニウム戦争]])において、勝利のために「自らを犠牲として神に捧げた」<ref>[[ティトゥス・リウィウス]]『[[ローマ建国史]]』、X 26-30</ref>プレブス出身の[[プブリウス・デキウス・ムス2世|プブリウス・デキウス・ムス]]の後任として、翌年の執政官に就任した。
 
紀元前294年、執政官としてレグルスは[[サムニウム]]および[[アプリア|プッリャ州]]と戦い、インテラムナ([[:en:Interamna Praetutiana|en]])で勝利した。[[ティトゥス・リウィウス]]は[[凱旋式]]の実施は[[元老院]]から拒否されたとしているが<ref>[[ティトゥス・リウィウス]]『[[ローマ建国史]]』、X 32-33、35-36</ref>、[[凱旋式のファスティ]]にはレグルスが凱旋指揮を実施したと記録されている<ref>[http://www.attalus.org/translate/fasti.html#p100 ''Fasti triumphales'']</ref>。
 
==一族==
レグルスは、[[第一次ポエニ戦争]]の悲劇の将軍として知られる同名の[[マルクス・アティリウス・レグルス]]の父親として有名であり、おそらく[[紀元前257年]]と[[紀元前250年]]に執政官を努めた[[ガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌス]]も息子である。少なくとも孫のうち二人が執政官に就任している。[[クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルリアヌス]]の親戚である[[アウルス・アティリウス・カラティヌス]]は父方の親戚である。
 
771

回編集