「スタージョンの法則」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''スタージョンの法則''' (スタージョンのほうそく、[[英語]]:Sturgeon's law)とは、[[SF作家]][[シオドア・スタージョン]]の言葉から導きだされた[[格言]]である。
1.#「常に絶対的にそうであるものは、存在しない」("Nothing is always absolutely so.")
 
1.「常に絶対的にそうであるものは、存在しない」("Nothing is always absolutely so.")
 
スタージョンはまた、これより有名な格言も残している。それは正確な名称としては「スタージョンの黙示(すっぱ抜き)」として知られているものであるが、現在では「スタージョンの法則」といった場合、実際にはこちらを指すことがほとんどである。例えば、[[オックスフォード英語辞典]]でもそのようになっている。
#<li value = 2.>「どんなものも、その90%はカス(crud)である」
 
== 起源 ==
2.「どんなものも、その90%はカス(crud)である」
スタージョンの法則は[[1972年]]の編集者[[{{仮リンク|デイヴィッド・G・ハートウェル]]([[:|en:David G. Hartwell|David G. Hartwell]])}}との対談で初めて言及された(この対談は''The New York Review of Science Fiction'' #7 and #8, March and April 1989として出版されている)。それには「スタージョンの法則は元来、"Nothing is always absolutely so." のことであった。もう一つの方は「スタージョンの黙示」として知られている」とある。
 
==起源==
スタージョンの法則は[[1972年]]の編集者[[デイヴィッド・G・ハートウェル]]([[:en:David G. Hartwell|David G. Hartwell]])との対談で初めて言及された(この対談は''The New York Review of Science Fiction'' #7 and #8, March and April 1989として出版されている)。それには「スタージョンの法則は元来、"Nothing is always absolutely so." のことであった。もう一つの方は「スタージョンの黙示」として知られている」とある。
 
「スタージョンの黙示」の初出は『Venture Science Fiction』誌(1958年3月号)である。そこでスタージョンは、以下のように述べた。
:「どんなものでも9割はガラクタ(crap)だ。」}}
 
== ==
「スタージョンの黙示」は時として以下のように拡張される:
 
*黙示: 全てのものの90%はカスである。
*系1: 遺憾ながらSFの中に膨大な量のゴミがあることは事実といえる。だが、そこら中にゴミがあることは自然であるという他ない。
*系2: 最良のSFはあらゆる領域における最良の小説に比肩する(これはわざわざ黙示から導出するまでもないので、系であるとする必要はない)。
 
== 異なる表現 ==
「スタージョンの黙示」を表現する場合、しばしばカス(crud)の代わりにガラクタ(crap)やクソ(shit)という用語が用いられる。パーセンテージについても揺れがあり、「94%」という文献もあった。またごく稀にではあるが、もっと楽観的な第2の文節が加えられることもある。それは、「……だが、残りの10%はそのために死んでもいい位である」。
 
== 解釈 ==
「スタージョンの黙示」の意味は、本人によって詳細に明示されている。
 
 
== 創作一般に関して ==
他方で、「一定の名作を生むジャンルには、常に多量の駄作がある」と言うふに言い換えれば、様々な創作の分野においても、この法則は適用できる。例えばゲームならば、名作ゲームの影には常に大量の凡庸ゲームが、[[クソゲー]]の影には大量のダメゲーがあるということになる。
 
多量の駄作の存在は、それらを受け入れる市場の存在を前提にするが、それが存在しないジャンルは名作を生み出せない。そのような駄作は、駆け出しの制作者の修練の場でもあるからである。それを失ったジャンルは、後継者を失って先細りになりがちである。
 
== 関連項目 ==
* [[シオドア・スタージョン]]
* [[サイエンス・フィクション]]
* [[法則の一覧]]
* [[パレートの法則]]
* [[パレート分布]]
* [[荘子]]
 
== 外部リンク ==
* [http://www.jessesword.com/sf/view/328 Sturgeon's Law Citations for the OED]
* [http://www.physics.emory.edu/~weeks/misc/slaw.html Addendum: Sturgeon's Law] - James Gunnによる法則の起こり。「推理小説やウェスタン映画は最良の部分で評価されるのに、SFはクズの部分で評価される」といっている。The New York Review of Science Fiction #85, September 1995に出版された ''The Ultimate Egoist'' : Volume 1 The Complete Stories of Theododore Sturgeon への補足(英語)
 
{{DEFAULTSORT:すたしよんのほうそく}}
[[Category:社会科学の法則]]
[[Category:エポニム]]
匿名利用者