「SFドラマ 猿の軍団」の版間の差分

→‎猿の軍団: 文法を修正
(→‎未来の人類関連: 文法を修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
(→‎猿の軍団: 文法を修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
: 猿の国の警察署長。何者かに家族を皆殺しにされ、これが原因で犯人は裸の猿(人間)だと思い込み激しく憎む。とりわけゴードを仇として狙う(実際には犯人は不明)。ビップ治安大臣によって一度は罷免されるが、その性格を利用しようとするルザーの陰謀で復職し和子やゴードたちを追跡する。
: しかし、最後は妻子の件が誤解で、自分自身が知らずに息子を殺していたことを知り絶望する。ビップに説得されて生きながらえ、ゴードに詫びながら立ち去った。
:弟のガーバがいる。
; ビップ治安大臣
: 肩書きは治安大臣だが実質的な指導者である。猿と人間は対立せず共存すべきという考えを持っておりルザーとは対立している。ゴードにも対話を呼びかけ和子たちを何かと助けようとする。チンパンジー派の反乱で、負傷の治療を名目に一度は軟禁される。自身の率いる特別部隊やゴードたちの活躍、民衆の支持によって復権するが、争いを避けるためルザーに政権を平和裏に委譲して隠棲する。
693

回編集