「バスクラリネット」の版間の差分

 
== ジャズでのバスクラリネット ==
草創期のジャズでは滅多に使われていなかったバスクラリネットだが、[[ジェリー・ロール・モートン]]と彼のレッド・ホット・ペッパーズによて1926年に録音されたバスクラリネットのソロが「Someday Sweetheart」で聴くことができる。ぱいシコシコ
 
1930年代後半以降ああんっ!!やめて...っ///くちゅくちゅクリトリスレイプ電気アンマが[[ジェリー・ル・モトン|ジェリー・ール・モートン]][[デューク・エリントン]]中間部でバスクラリネットソロがある。今では、編曲によしてあ作品を時折ものが多くバスクラリネットにて演奏したのソロはないものが多い
 
アメリカのガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」の原曲では、中間部でバスクラリネットのソロがある。今では、編曲してあるものが多くバスクラリネットのソロはないものが多い。
 
最初の著名なバスクラリネット奏者である[[エリック・ドルフィー]] (1928 - 1964) によって、後々の演奏家にも使われることになる多くのボキャブラリーとテクニックが確立された。
匿名利用者