「チャールズ・ノウルズ」の版間の差分

m
(仮リンク修正)
 
=== ラ・ゴーリアの戦いとプエルトカベーロ ===
[[File:Engraving laLa gauriaGuaria 1743.jpg|thumb|200px|ラ・ゴーリアの戦い([[銅版画]])]]
1742年、ノウルズは70門艦{{仮リンク|サフォーク (軍艦)|label=サフォーク|en|HMS Suffolk (1680)}}の指揮官となり、1743年にはオグルの命令により、スペインの植民地である[[ラ・ゴーリア]]と[[プエルトカベーロ]]を攻撃した<ref name="DNB293"/><ref name="NC101">{{cite book | chapter=Biographical Memoir of Admiral Sir Charles Knowles, Bart| title=The Naval Chronicle|page=101}}</ref>。スペイン軍はこの攻撃の情報をよくつかんでいて、予備の兵士を徴募しており、[[オランダ]]から火薬を買い入れていた。その結果、1743年の[[ラ・ゴーリア攻撃]]はイギリスの敗戦に終わった<ref name="DNB293"/>。ノウルズは兵士を撤退させ、[[キュラソー島]]で艦を修理して、攻撃のため[[4月15日]]にプエルトカベーロに赴いたが、[[4月24日]]にまたも敗れ、両戦闘はいずれも敗北に終わった<ref name="DNB293"/>。
 
69

回編集