「村田顕弘」の版間の差分

編集の要約なし
|タイトル =
|永世 =
|段位 =
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1986|7|14}}
|没年月日 =
五段昇段は2012年3月6日付け。第70期C級2組順位戦10回戦(最終局)の[[阪口悟]]五段との対局に勝利して四段昇段後公式戦で通算100勝に到達したことに伴うもの。
 
第73期(2014年度)C級2組順位戦では、最終戦前の時点で[[中村亮介]]、[[岡崎洋 (棋士)|岡崎洋]]に次ぎ5位につけていたが、最終戦で中村との直接対決を制し、岡崎も敗れたため、3位となりC級1組へ昇級を決める
 
2017年11月7日、棋聖戦の1次予選で[[今泉健司]]に勝利し、昇段の「勝ち星規定」を満たす120勝目を挙げて六段に昇段<ref>「村田五段(魚津出身)六段に プロ将棋120勝目」(北日本新聞)2017.11.8</ref>。
 
==人物==
*生まれは尼崎市で、幼少時に魚津市に転居。奨励会入会当初は、魚津市から関西将棋会館まで通っていたが、高校1年時に再度尼崎市に転居。
*師匠の中田同様、[[詰将棋]]作りを特技とし、専門誌「[[詰将棋パラダイス]]」への入選歴もある。また、詰将棋を解く方の「[[詰将棋解答選手権]]」にも何度か出場している。
*趣味は競艇。ボート関連番組に出演する事がある。
 
== 棋風 ==
*2007年10月1日 四段 = プロ入り(2007年度前期奨励会三段リーグで1位 = 15勝3敗)
*2012年3月6日 五段 = 勝数規定(四段昇段後公式戦通算100勝)
*2017年11月7日 六段 = 勝数規定(五段昇段後公式戦通算120勝)
 
== 主な成績 ==
匿名利用者