メインメニューを開く

差分

 
== あらすじ ==
米国海軍パイロットのハリー・ブルーベイカー大尉([[ウィリアム・ホールデン]])は第二次世界大戦の退役軍人で、デンバーで弁護士をしていたが、朝鮮戦争の勃発で再び海軍に復帰し空母から[[F9F (航空機)|F9F]]ジェット戦闘機を操縦して爆撃の任務に就いていた。戦闘の合間に空母は日本の横須賀港に入港し、ブルーベイカーはアメリカから駆けつけた家族とひとときの休暇を楽しむが、空母は再び日本海へと出撃し、やがて激しい対空砲に守られたトコリの橋の爆撃任務を受ける。橋梁爆撃には成功するが被弾したブルーベイカー機は、北朝鮮軍戦線領域内に不時着してしまう。脱出した大尉を追って北朝鮮軍歩兵が迫るなか大尉を支援するため[[A-1 (航空機)|A-1]]が機銃掃射を繰り返すがやがて燃料不足のため帰還してしまう。ようやく[[R-5 (航空機)|H03S-1]]救難ヘリコプターが到着するが着地寸前、北朝鮮軍歩兵の銃撃によりエンジンに被弾、停止してしまう。2名のヘリコプター乗員ともども[[M1カービン]]で応戦しつつ退路を探るが次々に倒れ[[水路|クリーク]]に潜んでいた大尉もついに被弾、戦死する。
 
本文中にも、過去のテレビ放送時の記事にも、ブルーベイカーの階級に中尉と大尉の混在が見られるが、これは海軍の階級呼称に不慣れな翻訳のミスで、Ltを中尉としたことが発端と思われる。
274

回編集