「高山啓義」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 経歴 ==
[[1999年]][[11月]]に1級審判登録され、[[2003年]]から[[日本プロサッカーリーグ|JJ1リーグ]]Division 1でも主審を務めている。[[2014年]]までは、国際審判員として活躍した。
 
[[2006年]]に[[カタール]]・[[ドーハ]]で行われた[[アジア競技大会|アジア大会]]の男子決勝[[サッカーカタール代表|カタール]]対[[サッカーイラク代表|イラク]]の主審を務めた。
 
同じくサッカー審判員である[[吉田寿光]]と共に、[[栃木県立石橋高等学校]]にて同時期に教員を務めていたことがある。
== 評価 ==
カードを頻繁に出す傾向があり、[[2004年]][[5月9日]]の[[清水エスパルス]]対[[セレッソ大阪]]戦ではJリーグ最多記録となる一試合13枚のイエローカードを提示した。([[レッドカード]]2枚)
 
== エピソード ==
カードを頻繁に出す傾向があり、[[2004年]][[5月9日]]の[[清水エスパルス]]対[[セレッソ大阪]]戦ではJリーグ最多記録となる一試合13枚のイエローカードを提示した。([[レッドカード]]2枚)
 
[[2009年]]6月28日、[[セレッソ大阪]]対[[水戸ホーリーホック]]戦において、スローインを他の選手に代わろうとした[[香川真司]]に対して[[イエローカード]]を出すそぶりで威嚇した。<ref>{{cite news|url=http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200906/29/socc221657.html|title=J2C大阪・香川2発!7節ぶりの首位奪取に笑顔 主審の判定に激怒、指揮官は会見キャンセル|newspaper=スポニチアネックス|date=2009-06-29}}</ref><ref> [https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=12137 J.League Data Site 2009Jリーグ ディビジョン2 第24節第2日 水戸-C大阪]</ref>
 
[[2009年]]8月22日、[[柏レイソル]]対[[横浜F・マリノス]]戦において、横浜[[山瀬功治]]が相手DFに両手で抱え込まれて倒れたが、主審の高山は故意の転倒と判断し、山瀬に対しこの試合2枚目のイエローカードを提示、退場処分とした。この判定に対してマリノスはJリーグへ意見書を提出。Jリーグは高山に2試合割り当てを外す処分を行った。その後、高山は誤審を認めた<ref>{{citenews|url=http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20090824-535006.html|title=Jで誤審、該当主審に割り当て外す処分|newspaper=nikkansports.com|date=2009-8-24}}</ref><ref>{{cite news|url=http://web.gekisaka.jp/news/detail/?58534-41476-fl|title=山瀬退場の高山主審が誤審で割り当て停止に|work=[[ゲキサカ]]|publisher=[[講談社]]|date=2009-8-24|accessdate=2015-6-10}}</ref>。
 
[[2015年]]6月6日、[[アビスパ福岡]]対[[徳島ヴォルティス]]戦において、プレー中に倒れ込んだ福岡の[[酒井宣福]](父親が日本人、母親がドイツ人のハーフ)に「Are you OK?」と英語で問いかけ、これに酒井が「大丈夫です」と日本語で返すと「なんだ、お前、日本語を話せるんだ」と笑いながら応じたと報じられた。高山はマッチコミッショナーの聴取に対し発言を否定。酒井の所属する福岡は、これを「差別的発言とも取れる」として問題視し、Jリーグに意見書を提出する方針。高山はマッチコミッショナーの聴取に対し発言固め否定し<ref>{{citenews|url=http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/10/kiji/K20150610010513970.html|title=日独ハーフのMF酒井に主審が差別的発言 J2福岡が意見書提出へ|newspaper=スポニチアネックス|date=2015-6-10}}</ref>
同じくサッカー審判員である[[吉田寿光]]と共に、[[栃木県立石橋高等学校]]にて同時期に教員を務めていたことがある。
 
[[2015年]]6月6日、[[アビスパ福岡]]対[[徳島ヴォルティス]]戦において、プレー中に倒れ込んだ福岡の[[酒井宣福]](父親が日本人、母親がドイツ人のハーフ)に「Are you OK?」と英語で問いかけ、これに酒井が「大丈夫です」と日本語で返すと「なんだ、お前、日本語を話せるんだ」と笑いながら応じたと報じられた。高山はマッチコミッショナーの聴取に対し発言を否定。酒井の所属する福岡は、これを「差別的発言とも取れる」として問題視し、Jリーグに意見書を提出する方針を固めた。<ref>{{citenews|url=http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/10/kiji/K20150610010513970.html|title=日独ハーフのMF酒井に主審が差別的発言 J2福岡が意見書提出へ|newspaper=スポニチアネックス|date=2015-6-10}}</ref>
 
[[2016年]]3月5日、[[川崎フロンターレ]]対[[湘南ベルマーレ]]戦において、 湘南の[[高山薫]]がクロスを上げ[[チアゴ・キリーノ・ダ・シウヴァ|キリノ]]にボールを渡すが川崎のGK[[鄭成龍|チョン・ソンリョン]]がキャッチ。だが、キリノがそのまま突っ込み、チョンが取りこぼす。そのままボールはゴールに吸い込まれてしまいたが、高山はこれをゴールと認められてしまう。川崎の選手達は猛烈に抗議するもののゴールと認められた。
 
== 脚注 ==