「ウラジーミル・ヴァシリコヴィチ」の版間の差分

m
父ヴァシリコの所有していたヴォルィーニ公位を得た後、[[ヤトヴャグ族]]との戦いを始めた<ref>Владимир (русские князья) // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона([[ブロックハウス・エフロン百科事典]]) : в 86 т. (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.</ref>。1270年代に[[カメネツ (ブレスト州)|カメネツ]]の街と城[[:ru:Каменецкая башня|(ru)]]を建設した。数度に渡るヤトヴャグ族との戦いを繰り広げる一方、[[1279年]]の飢饉の年にはヤトヴャグ族への[[穀物]]の販売を行った。[[ジョチ・ウルス]]は東欧諸国への遠征(1277年にリトアニア、1283年、1286年にポーランド、1285年にハンガリー)への参加を強要したが、[[跛行]]を理由としてこれに参加しなかった。
 
ウラジーミルは1288年の末に死亡した。『[[イパーチー写本年代記]]』の1288年の項では、書物を愛する教養のある人物と記されている。ウラジーミルには相続人がなく、その所領全てを[[ルーツク公]][[ムスチスラフ・ダニーロヴィチ|ムスチスラフ]]に寄贈した。
 
==子==