「蚊取線香」の版間の差分

現在一般的に普及している渦巻き形の蚊取り線香のデザインは、[[1895年]]からのものであり、上山の妻・ゆきの発案とされる<ref name="ayumi1"/>([[倉]]の中でとぐろを巻く蛇を見て驚き、夫の元に駆けつけ告げたのが発想の元になったという)。このデザインにすると、燃焼時間が長くなり、かつ嵩張らない。例えば、大日本除虫菊の製品では渦巻きを解きほぐすと全長は75cmに達し、一度の点火で7時間使用できる<ref>[http://goodboone.com/izime/life777/post-90.html 蚊取り線香の渦は、右巻き?左巻き?]</ref>。この7時間とは、睡眠時間に合わせたものである。また、寝かせた状態で使うので従来の形状よりも安全に取り扱えるようになった。
 
なお、考案されてから長きにわたり、人の手によって渦巻き状に成形してから固める生産方式を採っていたが、[[1955年]]ころから自動化のため現在の渦巻き型の打ち抜き機械による成形に移行した。
 
他に短時間用・長時間用・線香が太い物などの種類があり、外国産のものには四角形や六角形のものもある。
匿名利用者