メインメニューを開く

差分

m
IPの編集を差し戻し:文脈上不自然であるため。中間の別人編集版を考慮しrv作業ではなく手作業での修正。
[[ファイル:Wet Leaf.jpg|thumb|240px|緑色の葉]]
[[ファイル:苔むした石段.JPG|thumb|240px|苔むした石段]]
'''緑'''(みどり、'''綠''')は、[[寒色]]の一つ。[[植物]]の[[葉]]のような[[色]]で、[[黄色]]と[[青]]の[[中間色]]。[[光の三原色]]の一つは緑であり、[[1931年]]、[[国際照明委員会]]は546.1[[nm]]の[[波長]]を緑 (G) と規定した。500-570[[nm]]の波長の[[色相]]はおよそ緑である。色材においては例えば、[[シアン_(色)|シアン]]と[[黄色イエロー]]を混合して作ることができる。'''緑色'''(リョクショク、みどりいろ)は[[同義語]]。
 
緑は(緑色の、特に[[新緑]]のころの)[[草本|草]]・[[木]]、新[[芽]]・若葉、[[植物]]一般、転じて、[[森林]]、[[自然]]などを指す語としても用いられる。
[[Image:AdditiveColorMixiing.svg|thumb|240px|光の三原色。中心(或は上)の円が緑(グリーン)]]
 
'''緑'''(green)は[[光の三原色]]のひとつである。ウェブブラウザ等で'''green'''と名前で指定もできるが、その色はRGBで'''#008000'''であり[[純色]]ではない。純色(原色)の緑の名前は'''lime'''で、そちらであれば'''#00FF00'''となる。具体的には「明るい緑」「黄緑に近い」として感じられる色が表示される。
 
緑の光源は、色合いとしては日常的に目にする緑色よりも明るく鮮やかに感じられる。
古代日本語の固有の色名は、[[赤|アカ]]・[[黒|クロ]]・[[白|シロ]]・[[青|アヲ]]の四語のみだったとの説が存在する<ref>{{cite book|author=新村出編|title=『広辞苑 第五版』|publisher=岩波書店|date=1998/11|isbn=978-4000801126}}</ref>。緑が色名として明確に扱われてこなかったため、現在緑色と言われる色そのものは日本語では「青」によって表現されてきた。例えば、
*「青々とした葉っぱ」「青野菜」など。
*「青信号」: 青信号は実際には青緑色になっているが、色覚に特性がある人を考慮したためである。古い信号機では純粋な本当の緑色が使われることもある。
*「青二才」など:おそらく果実の熟し具合からの転用で「幼い」「若い」「未熟である」ことを英語では “green”、ポルトガル語でも “verde” と緑色をさす語で表しているが、日本では「青い」という。
 
1,704

回編集