「アイテム課金」の版間の差分

m
 
=== 有料ガチャ ===
アイテム課金を採用しているゲームの中には、「アイテム等」を商品とした「[[くじ]]」を引く権利が有料で販売されているものがある。JOGAのガイドラインでは'''{{仮リンク|有料ガチャ|en|Loot box}}'''と呼称し、「利用者が有料で利用するランダム型アイテム提供方式」と定義される。購入者側からの視点では通称「ガチャ課金」ともいう。有料ガチャで提供されるアイテムのうち、「顧客を誘引する目的で提供されるもの」が特に「'''ガチャレアアイテム'''」と定義される。[[消費者庁]]でも'''有料ガチャ'''と呼称し、「くじを用いるなど、偶然性を利用して、利用者に対してアイテム等を提供する仕組み」を「ガチャ」、「有料で行うガチャ」を「有料ガチャ」と定義している<ref>[http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/qa/cardqa.html インターネット上の取引と「カード合わせ」に関するQ&A] 消費者庁</ref>。ゲームにおいては有料または「ログインボーナス」などと称して無料で提供される何らかの「アイテム」を介してガチャを行うものが多いため、「無料ガチャ」と「有料ガチャ」は区別されず、単に「ガチャ」と表記される場合が多いが、景品表示法の解釈上では「有料ガチャ」と「無料ガチャ」とははっきりと区別されている<ref>[http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/qa/cardqa.html#Q16 Q16 オンラインゲームにおいて、有料ガチャを通じてアイテム等を利用者に供給する行為は、景品規制の対象となりますか。 - インターネット上の取引と「カード合わせ」に関するQ&A] 消費者庁</ref><ref name="120518premiums">{{PDFlink|[http://www.caa.go.jp/representation/pdf/120518premiums_1.pdf オンラインゲームの「コンプガチャ」と景品表示法の景品規制について]}} 消費者庁</ref>。
 
日本では有料ガチャに対して長らく法的規制がなく、「遊びすぎに注意しましょう」くらいしか言えない状況が2012年まで続いたが<ref>{{Cite news |url=http://www.yomiuri.co.jp/net/column/yougo/20120312-OYT8T00740.htm |title=モニ太のデジタル辞典 がちゃ【ガチャ】 |newspaper=YOMIURI ONLINE |publisher=読売新聞社 |date=2012-03-13 |accessdate=2015-12-08 |archiveurl=https://archive.is/20140222044557/http://www.yomiuri.co.jp/net/column/yougo/20120312-OYT8T00740.htm |archivedate=2014-02-22}}</ref>、2012年に起こった「コンプガチャ騒動」(後述)において、消費者庁は、「有料ガチャ」すべてが景品表示法の規制の対象になるわけではないものの、「コンプガチャ」は景品表示法で禁じられている景品類の提供行為に当たる場合があることを明示し<ref name="120518premiums" />、業界団体の自主規制なども設けられた。
222

回編集