「伊谷純一郎」の版間の差分

(ISBNが参照できなかったため、修正しました(チェック漏れしてました)。)
== 主な著書 ==
*『[[高崎山]]のサル』 光文社 1954年。{{NCID|BN04599970}}。思索社 1971年、新版1976年/[[講談社文庫]] 1973年、講談社学術文庫、2010年
*『ゴリラとピグミーの森』 [[岩波新書]]、1961年。{{全国書誌番号|61009379}}、{{NCID|BN01860495}}。。復刊1989年ほか
*『アフリカ動物記』河出書房新社、1964年。{{全国書誌番号|64009145}}、{{NCID|BN05231028}}。
*『チンパンジーの原野 野生の論理を求めて』 [[平凡社]]、1977年。{{全国書誌番号|77019855}}、{{NCID|BN0224980X}}。/[[平凡社ライブラリー]]、1993年
*『大旱魃 トゥルカナ日記』 新潮社〈[[新潮選書]]〉、1982年。{{全国書誌番号|83010685}}、{{NCID|BN02247203}}。
*『アフリカ紀行 ミオンボ林の彼方』 [[講談社学術文庫]]、1984年。ISBN 4061586564