「松戸市」の版間の差分

編集の要約なし
m
== 教育 ==
=== 学校教育 ===
[[2004年]]頃には、市内の公立学校は、[[教員|教師]]の[[高齢化]]が著しく進んでおり、[[週刊朝日]]([[2004年]]9月10日号)の調査では平均年齢において「全国ワースト2」を記録している。ふりーせる保育と呼ばれる[[ジェンダーフリー]][[保育]]が市内で実践され、[[国会]]や[[市町村議会|市議会]]等で問題になっことが時期もある。
[[2004年]]から公立小中学校の[[公立学校選択制|学校選択制]]が導入され、いわゆる「(市内)ナンバー[[中学校]]」(学校名に数字が付く伝統中学校)の入学者数が増加傾向にある。
 
公立中学校では登校すると学校が指定する[[体操着]]・[[ジャージー (衣類)|ジャージ]]に着替える。これは[[柏市]]の中学校が初めて実践して、松戸市を含む[[東葛地域]]に波及したもの。
[[2004年]]から公立小中学校の[[公立学校選択制|学校選択制]]が導入され、いわゆる「(市内)ナンバー[[中学校]]」(学校名に数字が付く伝統中学校)の入学者数が増加傾向にある。
公立中学校では登校すると学校が指定する[[体操着]]・[[ジャージー (衣類)|ジャージ]]に着替える。これは[[柏市]]の中学校が初めて実践して、松戸市を含む東葛地域に波及したもの。<!--これについては、[[制服]](標準服)を着ている時間が短いため制服がもったいない、[[体育]]の授業から[[クラブ活動|部活動]]そして[[給食]]も同じジャージ姿で衛生的でない、指定ジャージは特定業者から購入しなければならず価格が割高であるなど批判も少なくないが、一方、ジャージに着替えると制服でいるよりも楽に過ごせる、との考えもある。松戸市においてはジャージの着用強制の背景として、「『[[学力]]よりも体力重視』という古くから松戸にある教育風土が残っているため」との指摘もある。-->伝統的に部活動は突出して盛んで、早朝、休日も部活動練習がある学校がほとんどである。
なお、松戸市を含む[[東葛地域]](旧東葛飾郡北部)の教育の沿革について[[管理教育]]参照。
 
伝統的に部活動は突出して盛んで、小学校・中学校は早朝から、中学校は休日も部活動の練習がある学校がほとんどである。
松戸市を含む[[東葛地域]](旧東葛飾郡北部)は、[[管理教育]]を参照。
<!--かつては生徒を管理する手段としての性質が強かったが、学校選択制の導入に伴い、学校間競争及び広報活動の活発化もあり、勝利至上主義の傾向が強くなっている。生徒の[[健康]]や学力向上を蔑ろにした勝利至上主義であるとの批判は従来からある。業間体育を復活する学校があらわれている。-->
近年、管理教育が盛んだった時代に行っていた「行間体育」(休みの時間に[[マラソン]]等の[[体育]]を一斉に行う活動。休み時間が無くなるため長時間にわたり連続的に授業が行われる)を復活する小学校があらわれている。
 
正規の[[PTA]]が組織されていない公立学校もある。そのため、[[保護者]]の意思形成や、かつて行われた学校統廃合における公的機関との交渉等に課題を残していたこともある。
公立中学校では登校すると学校が指定する[[体操着]]・[[ジャージー (衣類)|ジャージ]]に着替える。これは[[柏市]]の中学校が初めて実践して、松戸市を含む東葛地域に波及したもの。<!--これについては、[[制服]](標準服)を着ている時間が短いため制服がもったいない、[[体育]]の授業から[[クラブ活動|部活動]]そして[[給食]]も同じジャージ姿で衛生的でない、指定ジャージは特定業者から購入しなければならず価格が割高であるなど批判も少なくないが、一方、ジャージに着替えると制服でいるよりも楽に過ごせる、との考えもある。松戸市においてはジャージの着用強制の背景として、「『[[学力]]よりも体力重視』という古くから松戸にある教育風土が残っているため」との指摘もある。-->伝統的に部活動は突出して盛んで、早朝、休日も部活動練習がある学校がほとんどである。
<!--かつては生徒を管理する手段としての性質が強かったが、学校選択制の導入に伴い、学校間競争及び広報活動の活発化もあり、勝利至上主義の傾向が強くなっている。生徒の[[健康]]や学力向上を蔑ろにした勝利至上主義であるとの批判は従来からある。業間体育を復活する学校があらわれている。-->
正規の[[PTA]]が組織されていない公立学校もある。そのため、[[保護者]]の意思形成や学校統廃合における公的機関との交渉等に課題を残している。
 
=== 市内の学校 ===
183

回編集