「今井寿道」の版間の差分

脚注・参考文献の追加
(脚注・参考文献の追加)
|子供= [[今井信道]]
}}
'''今井 寿道'''(いまい としみち、[[1863年]][[11月12日]]([[文久]]3年[[10月2日 (旧暦)|10月2日]]<ref name="cv">{{harvnb|今井寿道|1925}}</ref>) - [[1919年]]([[大正]]8年)[[9月3日]]<ref name="cv"/>)は、[[日本聖公会]]・[[聖公会神学院]]の初代校長である。
 
[[幕末]]の[[江戸]]・[[芝 (東京都港区)|芝]]で医師の[[今井玄斎]]の息子として生まれる。幼少期から[[漢学]]を修める。[[1876年]]([[明治]]9年)[[神谷町]]の小学校助教をしていた頃に、[[アレクサンダー・クロフト・ショー|A・C・ショウ]][[宣教師]]から[[英学]]を学び、ショウの聖教舎の課程を修めて、[[1881年]](明治14年)に卒業する。
 
== 参考文献 ==
*{{Cite|和書|author=今井寿道|chapter=[http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983424/4 今井壽道先生年譜]|title=神人之呼応|publisher=今井先生遺稿刊行会|year=1925|pages=3-8|ref=harv}}
*『日本キリスト教歴史大辞典』[[教文館]]、1988年
*『明治のキリスト教』[[吉川弘文館]]、2003年
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
{{Normdaten}}