「円偏光二色性」の版間の差分

セクション分けの変更、有機化合物の絶対構造解析とタンパク質の二次構造解析について追加、参考文献の追加など。
m (Bot: Δ → Δ,ε → ε,π → π,θ → θ ,Replaced HTML character entity reference to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
(セクション分けの変更、有機化合物の絶対構造解析とタンパク質の二次構造解析について追加、参考文献の追加など。)
{{出典の明記|date=2012年6月}}
'''円偏光二色性'''(えんへんこうにしょくせい、英: circular dichroism)とは、その内部構造が[[キラリティー|キラル]]な物質が[[円偏光]]を吸収する際に左円偏光と右円偏光に対して[[吸光度]]に差が生じる現象のことである。物質が[[キラリティー]]を持つ場合に見られる。'''円二色性'''(えんにしょくせい)あるいは '''CD''' ({{en|circular dichroism}}) とも呼ばれている。
 
==理論==
===円偏光二色性===
直線[[偏光]]は同じ振幅を持つ左円偏光と右円偏光の和と見なすことができる。そのため、直線偏光が円偏光二色性を持つ物質中を通過すると、その直線偏光を構成していた左円偏光と右円偏光に振幅の差が生じるため楕円偏光に変化する。また、さらに[[旋光性]]により楕円の軸の回転も起こる。
 
ある物質の物性値としてはモル円二色性かモル楕円率が採用されることが多い。
 
===旋光分散との関係===
==円偏光二色性スペクトル==
'''旋光分散'''(ORD)は偏光の波長の変化につれて旋光度が変化する現象のことである。物質の屈折率を複素数で表した場合、旋光性は左右円偏光に対する屈折率の違いによるものであり[[複素屈折率]]の実部で表される。これに対し、左右円偏光の吸収の差である円偏光二色性は複素屈折率の虚部で表すことができる。このような複素屈折率においては、全波長における実部が分かれば虚部が、逆に全波長における虚部が分かれば実部を計算することができる([[クラマース・クローニッヒの関係式]])。
 
すなわち旋光分散スペクトルと円偏光二色性スペクトルはどちらか一方を測定すればもう一方は計算で求めることができる。そのため、現在では旋光分散スペクトルはほとんど測定されず、円偏光二色性スペクトルが測定されるようになっている。
 
==応用==
===円偏光二色性スペクトル===
円偏光の波長に対して、円偏光二色性の大きさ(通常はモル楕円率)をプロットしたものを'''円偏光二色性スペクトル'''(あるいは'''円二色性スペクトル'''、'''CDスペクトル''')という。
 
円偏光二色性スペクトルが正のピークを持つとき、これを'''正の[[コットン効果]]'''、負のピークを持つときこれを'''負のコットン効果'''という。
 
===有機化合物の絶対構造解析===
また化合物によっては[[コットン効果]]の符号と大きさを理論的に計算することができる。これにより[[立体配置|絶対立体配置]]を決定することが可能である。
キラル物質の円偏光二色性スペクトルの符号は、鏡像異性体同士で逆になる。そのため、円偏光二色性スペクトル測定は、キラル物質の[[立体配置|絶対立体配置]]を調べるために経験的または非経験的に用いられる。特に、分子内に複数の発色団を持つ場合は、励起子キラリティー法と呼ばれる手法によって、[[コットン効果]]の符号と大きさを理論的に計算することができる。これにより絶対立体配置を決定することが可能である。
 
===タンパク質の二次構造解析===
==旋光分散との関係==
円偏光二色性スペクトル測定は、タンパク質の[[二次構造]]を推定するために用いられる。タンパク質のα-へリックス、β構造、無秩序構造などの二次構造は、それぞれ異なる円偏光二色性スペクトルを示す。典型的な二次構造の円偏光二色性スペクトルのピークや形状と比較することで、測定したタンパク質の二次構造の割合を予測できる。
'''旋光分散'''は偏光の波長の変化につれて旋光度が変化する現象のことである。物質の屈折率を複素数で表した場合、旋光性は左右円偏光に対する屈折率の違いによるものであり[[複素屈折率]]の実部で表される。これに対し、左右円偏光の吸収の差である円偏光二色性は複素屈折率の虚部で表すことができる。このような複素屈折率においては、全波長における実部が分かれば虚部が、逆に全波長における虚部が分かれば実部を計算することができる([[クラマース・クローニッヒの関係式]])。
 
==参考文献==
*中崎昌雄『旋光性理論入門』培風館、1973年。
*原田宣之・中西香爾 『円二色性スペクトル―有機立体化学への応用』東京化学同人、1982年。
 
すなわち旋光分散スペクトルと円偏光二色性スペクトルはどちらか一方を測定すればもう一方は計算で求めることができる。そのため、現在では旋光分散スペクトルはほとんど測定されず、円偏光二色性スペクトルが測定されるようになっている。
 
{{DEFAULTSORT:えんへんこうにしよくせい}}
5

回編集