「錯覚」の版間の差分

編集の要約なし
(加筆、脚注節を追加。)
編集の要約なし
'''錯覚'''(さっかく、[[英]]:illusion)とは、[[感覚器]]に異常がないのにもかかわらず、実際とは異なる知覚を得てしまう現象のことである。対象物に対して誤った感覚や認識を得るのが錯覚であり、存在しない対象物を存在すると見なしてしまう[[幻覚]]とは区別される。
 
一般に、錯覚は知覚の誤りと考えられていて、感覚・知覚・認識過程のどこかの部分がミスしたことで生じる、と認識されている<ref name="Fujii"> 藤井輝男 [[重野純]](編)「錯視」『キーワードコレクション 心理学』改訂版 新曜社 2012 ISBN 9784788512900 pp.108-111.</ref>。しかし、[[心理学]]でいう錯覚とは、間違いや誤りの類いでは無い。注意深く観察しても、予備知識があっても生じてしまう、人間の感覚・知覚特性によって作り出される現象を指す<ref name="Fujii"/>。
匿名利用者