「レベック」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{Otheruses|楽曲|姓などのレベック(レヴェック)|レヴェック}}
[[ファイル:Rabel.jpg|thumb|レベック]]
[[File:Viol,_fidel_and_rebec.jpg|thumb|右端の楽器がレベック]]
{{Portal|クラシック音楽}}
'''レベック'''(Rebec、またはRebeck)は、今日の[[ヴァイオリン]]のもとになった属の楽器のつである。一般的にはアラブ人の楽器[[ラバーブ]]がもとになっていると考えられており、外観は[[セイヨウナシ|洋ナシ]]形をしている。おそらく[[中世]]中期に[[スペイン]]経由でヨーロッパに広まったとされている。'''ラベイカ'''とも。16~1716世紀から17世紀のレベックは[[フレット]]がなく2~3弦で5度調弦である。高い技術を要する楽器ではなかったため、特にダンスの際によく使用された。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者