「グラタン」の版間の差分

m
{{節stub}}
 
日本の洋食店でも良く目にするマカロニグラタンは、先の『料理の手引き』にも掲載されており(原書における表記は"Macaroni au Gratin")、調理手順は、マカロニと刻んだマッシュルームと[[ベシャメルソース]]を混ぜ、バターを塗ったグラタン皿にのせて、おろしチーズとパン粉をふってオーブンで焼くというもので、日本における調理法とほとんど変わらない<ref>『エスコフィエフランス料理』Georges Auguste Escoffier著/角田明訳、柴田書店、p1119</ref>。パスタの代わりとして[[シュー皮]]を使用する例を「[[パリ]]風グラタン」と呼ぶ<ref>大森由紀子『フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来』117p 世界文化社</ref>。[[アメリカ合衆国]]においては、第3代[[大統領]][[トーマス・ジェファーソン|トマス・ジェファーソン]]が好物のマカロニと[[パルメザンチーズ]]を組み合わせて作らせた、「[[マカロニ・アンド・チーズ]]」<ref>21世紀研究会編『食の世界地図』文藝春秋・72P</ref> を原型とする家庭料理が普及している。
 
== 日本におけるグラタンの概要 ==